2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

2007年5月25日 (金)

岡部嶺男さんのこと、日本感覚の具現

女房が、注文した陶器の本が来たので…、と。

近所の本屋に受け取りに行ったのは、数日前のことでした。

たまたま広げてあったので、見ましたら、 驚きました。

        ・

外国の技術を良くこなして、さらに、日本風を上品に表現しています。

ここが、ポイントだと思うのです。

いまさら、縄文時代の技術だけに固着するわけにも、まいりません。

大きな文明は、

つまり、日本文明は、ほおっておいても、

かならずや、大きくさらにさらに併呑して融合を重ねさらにより良いものの創造発展にと、

進化発展してゆくものと、信じております。

解き放ちたいと思うのです。 その、持てる本来の‘ちから’を。

   ~   ~  ~

『陶愁 -岡部嶺男 作品集-』(小学館)

45ページ下、55-1、灰釉茶碗

188ページ下、340、窯変米色瓷碗

この、二つのものに、特に感動を覚えました。

        ・

ひとつめが、山茶碗の肌合いの雰囲気をうつしたもの。

ふたつめは、Chinaの技法を消化してからのもの。

    ~   ~   ~

作品展が、巡回であるそうです。

どれかには、行って見たいです。

   『陶愁』(小学館)の188ページ下、340、にある、

      窯変米色瓷碗が見れると嬉しいです、が…。

とにかく、

光悦以来の、感動でした。

          ・

わたくしも、

良いものを、作らなくては…。

女房も、そんな事を言っていました。

なんだか、

ホトトギスが急に騒ぎ出しました。 今日の声は、「ホトトギ ス」と、聞こえます。

彼女は、彼は、 何をか言いたいのでしょね?

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

フォントの公開から、もう1年経過

年月の流れ行くのは、速いものです。

「縄文文字ヲシテ」のフォント製作・公開配布から、

1年余りが過ぎました。

その時にこのブログも始めました。 →初めの頁です。

Photo_371

雨で、クワの実にしたたっています。

この一滴が、やがて大きな川になって行くのですね。

Photo_373

8代アマカミ(古代の天皇陛下)のアマテルカミの、

お言葉です。『ホツマツタヱ』23アヤにあります。

            ・

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月23日 (水)

ヲシテの文字と、言葉の一致性

ヲシテの文字が、一般に使われてくるようになりますと、

想定していなかった事々も、起きてまいります。

         ・

ローソクにヲシテ文字を記して、インテリアにしたい。

なんて、話しもありました。 でも、その記載しようとする言葉が、

「あい(愛)」とか、「へいわ(平和)」なのですね。

困ってしまいました。 二の句が次げませんでした。

言葉の時代が合わないと、ピエロみたいです。

       ・

とは、いいましても、

名前などの固有名詞は、漢字由来の発音でも、その通りに記載するしかありません。

それで、「ぱぴぷぺぽ」のヲシテも必要になってしまうわけです。

      ~   ~   ~

ヲシテ文字の、復活も、

色々な場面で戸惑うことが多く起きてきてしまいます。

忘れられて、2000年ほどにも年月を経てきていますから…。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月22日 (火)

「き よ め」・「清め」の言葉の意味合い

「かみ」の言葉も、とっても違います、

ヲシテ時代と、現代用語とでは。

ワケの判らない人たちは、よく過誤を及ぼしてしまい易いですが、   単純に「神」と変換すると‘大きな誤訳’になるような、モノです。

        ・

また、

「き よ め」の言葉も、「清め」とは、かなりの違いがあります、

ヲシテ時代と、現代用語とでは、 です。

「清め」とは、

現代用語では、‘良くないモノ’を払い落とす、意味ですね。

でも、

ヲシテ時代のその、中期頃にまで溯ると、

現代用語での、単に‘良くないモノ’を払い落とす、だけの意味では

掌握できにくい用例も多くなります。

「き」とは、‘ちから’でもありますし、

「よ」とは、理想を表す場合もあります。

「め」は、‘せしむる’の意味合いですね。

つまり、‘良くないモノ’を払い落とす、だけではなくて、

もっと、能動的なスタンスに立っていることが、お解かり頂けるかと思うのです。

「きよしめさるる」と言う言葉もあります。

            ・

このことは、

「汚れ」の言葉でも同様です。

「け」「かれ」と、分離して考慮すべきが、妥当でしょうね。

すなわち、

‘やまと ことば’の正当な評価に至る為には…。

        ・

すなわち、

「ふかき かみぢ に まさに いる べし」

と、

この言葉は、

まさに至言と申すべきでありましょう、 か。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月21日 (月)

日本の音を、求めて…

中西先生の、

日本の音を求める企画が、なされました。

Photo_370

とっても、

良い企画です。

5枚のチケットを頼みました。 前回などは、入手が難しいことからの、

成り行きを思ってです。

4枚は、あてなしです。 どうぞ、4枚の事をお使い下さいませんか?

ご連絡をお待ち致しております。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月20日 (日)

ほととぎす

昨夜から鳴き始めました。

いよいよ、「なつ」です。

「ウ ツキ」です。うの花も咲いています。

Photo_369

鳴き声は、‘ほととぎ・ぎーす’と聞こえます。

残念ながら、ヲシテ文献のうちには、「ホトトギス」の出例は無いようです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »