2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月19日 (土)

のら と みち

あんまりにも、膨大な仕事で、

ヲシテ文献に、どう取り組んでよいか?

  迷うばかりです。 でも、30年余りにもなるなら…。

と、 思われそうですね。 はたから見ると、30年は長いのかも知れません。

         ・

この30年余りの間に解かったことは、

「直訳は誤訳だ!」と、言うことぐらいが、しっかりした所でしょうか?

このあたりは、だいぶ浸透してきつつあるように思います。

         ・

「記紀の原書だ!」と、言うことの

大切な根拠の理解は、未だ10指に数えれるかどうか、

の、理解者があるかどうか? のあたりではないでしょうか?

ま、そんな、所と思ってもらって、大きな間違いは無いでしょう。

     ~   ~   ~

とは言いましても、間口は思いのほかに広がってきました。

それで、

どうやって、ヲシテに入門していったらよいか?

なんて、先日も聞かれました。

  ですが、わたくしは、

答えに窮してしまいました。  良い道ねー??

どうしても、思いつきませんでした。

結局のところ、今、わたくしたちのゴタゴタした歩みが、後々(のちのち)になってミチだ、

と、言われるようになるのでしょうか。 そのような、創成期がまだまだ数十年は続いてゆくのでは?

         ・

茫洋とした創成期は、自然界で言えば霞が掛かったような、霧の中でもがいている様な所です。 羅針盤は、自らの心のうちに、正しさを求めることのみと、考えられることが宜しいかと思います。

何ら、詳しいアドバイスも出来ずに、申し訳なく思います。 が、

創成期に遭遇したからこその、楽しみをお考え下されば幸いかと…。

2000年来の‘国学’の再構築です。

いや、年数は、もっと長きになりましょうか?

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月18日 (金)

物理的事象という障壁

パソコンの便利さには、目を見張るものがあります。

思わず、あれもこれも、出来そうですからやっておきたくなります。

とは言っても、

キーを叩くのも、「ひと」ですし、

画面を見るのも、「ひと」です。

物質をともなっていることには、変わりがありません。

物質である限り、物理的制約を受けざるを得ません。

有限なのです。

      ・

為しゆこうと思う仕事が、大きすぎたら、

セレクトさざるを得ない。 物理的障壁に対する答えです。

あるいは、

手分けをして分掌することもひとつの「テ」、です。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月17日 (木)

『記紀原書ヲシテ』の正誤表の更新です、4

またまた、すみません。

『記紀原書ヲシテ』の正誤表の更新を、させて頂きたく存じます。

記憶に強い所ほど、誤植が見つかりにくいようです。

『フトマニ』の「モ ヤマ」の項目に、あった誤植を見つけて下さいました。

あと、40アヤの、ページ数に誤植がありました。

以下の、正誤表をお使い下さい。

Photo_366

Photo_367

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月16日 (水)

明治の気骨

明治時代に編まれた書籍には、

いつも、助けられています。

『大日本地名辞書』『大言海』…。

何かしら、敗戦後からの書籍群と雰囲気が違います。

何だろうか?

『大日本地名辞書』の跋文(ばつぶん)を見ていましたら、(第一巻の巻末にあります)

何となく気がつきました。

‘ヲヲヤケ’のこころが強く作用していると思うのです。

出版社も算盤を放擲するし、

予約諸君子の義侠心の強い発揮の賜物だったのでした。

     ~  ~

物事は、

‘こころ’よりすべて起きる、

「世界隨心起」とは、富永仲基の言葉です。 Photo_364

『出定後語』の「須彌天世界第四」の章末に出ます。

           ・

‘こころ’の内の‘ヲヲヤケ’をしっかりと立てねば、

と、願っております。

その事を、松本善之助先生はおさとし下さっていたのでした。

Photo_365

は、「至誠如神」で、ここまで至れと…。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月15日 (火)

三尾の岳山(だけ さん)

三十年ほどもの、長い望みの登拝でした。

滋賀県、高島市は琵琶湖の西岸です。

そこに、岳山という古いいわれのお山があります。

ちょうど、田植えの終わった日でした。

Photo_362

右の端に近いほう、山の中腹に白い点々が見えます。

ここが特徴の、岳山です。

白い点々は、白坂(しろさか)と言って、水晶の採れる所でもあります。

案内してくださった、野々村さんは、

『ミカサフミ』を所蔵して保管して下さっている、旧家のお方です。

昔は、小学校の遠足で白坂に来たそうです。橇すべりで遊べる、との事ですが、

今の感覚では危ない! と言われそうです。

そこから、山頂までは約一時間掛かりました。

山頂には、「たちはな」が枝を少し伸ばしていました。

Photo_360

岳山のことは、

『縄文人のこころを旅する』の、165~166ページに

記載しました。

          ・

安曇川に訪問したあとは、

いつも、淡水魚の佃煮をお土産に買って帰ります。

安曇川駅のすぐ近くの魚岩商店には、30年を超えました思い出があります。

30年余り前に、川えびを買って帰った、その味が忘れられません。

‘ゴリ’という小さな魚の醤油煮も、家人に人気です。

魚岩商店は、

美味しいことは、勿論ですが、

和仁估安聡本(わにこ やすとし ほん)を発見して下さった井保孝雄さんと、

朋友であったとのことを、後に聞きまして、さらに味わいも深く感じられるのです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »