2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ヲシテ」は、‘哲学’ですね。 | トップページ | 録音機の見当たらないこと、加古川からの帰宅時 »

2007年11月23日 (金)

"『古事記』読み"のこと

ヲシテ文献の"『古事記』読み"と、 私が呼んでいるのは、

ヲシテ文献を、漢字文献の常識で読もうとしていることを、

指しています。

         ・

漢字以前の時代の成立であったのです!

ヲシテ文献は。

それから考えますと、

漢字文献からもたらされた、常識は、一旦外す必要があります。

         ・

最も、顕著に見られる例として、次のものがあります。

ヲシテ文献での「かみ」の言葉を、

漢字の「神」に直訳して平然としている。

この事が、解かり易い"『古事記』読み"の例でしょう。

なぜそのような事であるかと、申しますと、

『古事記』などの漢字文献では、「天照大神」は、天上世界のいわゆる「神」とされています。

しかし、

漢文への翻訳まえの原書であるヲシテ文献では、

「アマテルカミ」はこの世にご在世であられたことが、

明瞭です。

どちらを、採るか?

大きな違いがあるわけですから、

どちらかに、決めなくてはなりません。

        ・

選択の道は三つあります。

1、『古事記』の説を採用する。 →「神」

2、選択を放棄する。

3、ヲシテ文献の「アマテルカミ」ご在世説を、受け入れる。

もうおわかりですね、

1、のものは、"『古事記』読み"です。

2、は、優柔不断の日和見で、話になりません。

わたくしは、

3、の説になります。根拠は、『古事記』『日本書紀』と、

ヲシテ文献との、厳密な原文比較をした結果、

ヲシテ文献の先行性が確認できたからです。

翻訳前の原書を尊重することは、当然であるからです。

          ・

この、各文献の成立時代の前後の認識が、

はっきりしていない状態、

これが、"『古事記』読み"の段階ですね。

いわゆる、「秀真伝」族も同じです。

はやく、

そんなレベルからは、抜け出してもらいたい、

本来のヲシテのその意味の凄さを理解してもらいたいと、

願っています。

そのためには、

やはり、

原字のヲシテで、原文のヲシテ文献をすらすら読めるようにならないと、難しいのかもしれません。

ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 「ヲシテ」は、‘哲学’ですね。 | トップページ | 録音機の見当たらないこと、加古川からの帰宅時 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ヲシテ」は、‘哲学’ですね。 | トップページ | 録音機の見当たらないこと、加古川からの帰宅時 »