2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« "『古事記』読み"のこと | トップページ | 「縄文文字ヲシテ」の名称に至るまで »

2007年11月27日 (火)

録音機の見当たらないこと、加古川からの帰宅時

加古川の講演会は、盛況でした。

多くのお方の、奔走のご努力の賜物と、

深く感謝いたしております。

Cimg1146_5

   <ハリマ ノ イナヒ ヲイラツメさま

             (ヤマトタケさまのお母上) の御陵>

              ー 加古川市、日岡 ー

ひょっとすると、未発見のヲシテ文献の発見に結びつく、

かも知れないと、 松本善之助先生のおっしゃっておいででした、‘種まき’のひとつかもしれません。

       ・

さて、

帰宅しまして、録音の処理をしようと致しましたら、

ICレコーダーが見当たりませんでした。

ひょっとすると、

また見つかるかも知れません。

ご迷惑を、おかけします。 すみません。

ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« "『古事記』読み"のこと | トップページ | 「縄文文字ヲシテ」の名称に至るまで »

コメント

先日は加古川での講演ありがとうございました。

私もMP3プレイヤーで録音していたつもりでしたが、残念ながら録れていなくてショックでした。

わからないことばかりなので、本など購入して読んでみようと思います。

 
 
それは、残念です。
わたくしも、録音の機械が見あたらくて、
おそらく、断念の模様です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "『古事記』読み"のこと | トップページ | 「縄文文字ヲシテ」の名称に至るまで »