2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 不思議な言葉 「みとり」は色の名称? | トップページ | 疲弊に沈没してゆかないために… »

2007年11月12日 (月)

やまと ことは の「もとの ひとしつく」

私たちの「国語」の成立は、いつの時代でしょうか?

わたくしは、基本の文法の成立が、縄文時代であると、

考えております。それも、縄文時代の前期ごろには、

充分に精緻に整っていたことであろうと、

考えております。

Hitosituku

もうそろそろ、

ヲシテで、つまり、私たちの縄文以来の国の本当の文字で、

ヲシテ時代のことは読み書きしてもらう、そのような時期に、

近づきつつあるように、思います。

是非、ぜひ、ヲシテで、お読み下さいませ。 

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 不思議な言葉 「みとり」は色の名称? | トップページ | 疲弊に沈没してゆかないために… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議な言葉 「みとり」は色の名称? | トップページ | 疲弊に沈没してゆかないために… »