2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテ文献の読み方 | トップページ | 縄文哲学の奥深さ »

2007年10月17日 (水)

手探りの、手探り、ヲシテの深さ

夕食の、麺をゆでる間の、

幾許かの時間で、失礼します。

ある人は、

次のおウタを、お寄せ下さいました。

      ・

まてのまに うちあらわれて

かしわなる おとのたまゆら

かしこみまつる

      ・

わたくしの、詠(よ)みましたウタが、

次です。

     たやすくの ことはあるまじ

     むちとせの もとゐゆるがぬ

     やまとことのは

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« ヲシテ文献の読み方 | トップページ | 縄文哲学の奥深さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテ文献の読み方 | トップページ | 縄文哲学の奥深さ »