2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« モノの大きさについて、この理解のあること | トップページ | 生活の知恵を、ひとつ。 足の臭い。 »

2007年7月14日 (土)

「うみ」の、大きさ。 「言葉の海」の大きさ。

‘やまと ことは’の、その深遠さは、

『大言海』の大槻文彦さんのその、大業績のなしゆく過程において、

また、古くは、谷川士清(たにがわ ことすが)さんの究明のことなどに、その片鱗を覗かせていたのでした。

         ・

で、あったところ、

ヲシテ文献の発見研究の、現在進行形の事柄からしまする

と、さらに、

幾層もの高度な仕組みが、‘やまと ことは’には、

縄文時代に溯って基層部分に埋め込まれていたことが解ってまいります。

       ~   ~   ~

やまとなる ことはのうみの

しらすなは ことおおいなり

ことおおきなり

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

  

« モノの大きさについて、この理解のあること | トップページ | 生活の知恵を、ひとつ。 足の臭い。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モノの大きさについて、この理解のあること | トップページ | 生活の知恵を、ひとつ。 足の臭い。 »