2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテの大切さが、解かるかどうか? 分水嶺のこと | トップページ | クワの樹のことなど、植物の名称 »

2007年6月 6日 (水)

白砂の川、岳山

先ごろ、琵琶湖の湖西を訪れました。

高島市の岳山の頂に登ったことを、

思い出します。 

ヲシテ文献の文章に込められた意味の深さを、

ジンジンと思います。

Photo_375

「        おとたま かわ の

しらすな に  ひるね して おる

ちまた かみ」     『ホツマツタヱ』(24-28)

たった2行に込められた、その意味合いは、

幾つもが複合して凝結しています。

         ・

ひとつ、縄文建国の立て舞台の岳山のことが、込められています。

ふたつ、縄文建国の高貴さが、水晶の齎す白砂の白さに表現されています。

みっつ、‘ちまた かみ(サルタヒコ)’の、心情が、「おと たま かわ」の名称として表現されています。現皇室に対しての、絶対尊敬の念です。

そんな事を思いますと、

たった2行の、ヲシテの文章に込められた意味合いの大きさに、

思いを致すわけでした。

たまたま、

登拝しましたら、山頂に、「たちはな」の一株が枝を張っているのを、

見たのでした。

「たちはな」は、縄文建国の象徴です。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« ヲシテの大切さが、解かるかどうか? 分水嶺のこと | トップページ | クワの樹のことなど、植物の名称 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテの大切さが、解かるかどうか? 分水嶺のこと | トップページ | クワの樹のことなど、植物の名称 »