2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「の と」(祝詞)の言葉 | トップページ | パソコンの調子が不調です »

2007年6月18日 (月)

高ら、しむる事

「たから しむる」と言う言葉は、変でしょうか?

でも、

意味は伝わりますね。

‘日本’の価値をさらに高めてゆこう!

とする、気持ちの事です。

         ・

根っからダメだったら、しょうが無いのですけれど、

実は、縄文時代の前期(今からゆうに6000年を溯る)から、

‘日本’は高度な文明国だったのです。

おそらく、世界でトップですね。

何かあって、こそ、幾多の困難を乗り越え得て来ているのが‘日本’であると、

考えられませんでしょうか?

さらに、

現代から、さらには未来に亘って、世界を導いてゆく原理が秘められていると考えて不思議なことでも有りません。

それを、明らかにしてゆくためには、

きっちりした仕事を積み重ねてゆくこと、だと思うのです。

世界のすべての人に納得してもらわなくてはなりませんから。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« 「の と」(祝詞)の言葉 | トップページ | パソコンの調子が不調です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「の と」(祝詞)の言葉 | トップページ | パソコンの調子が不調です »