2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岡部嶺男さんのこと、日本感覚の具現 | トップページ | 「ういなめ」、の言葉 »

2007年5月30日 (水)

本は、注文するもの?、探して買うもの?

書店を探しても、なかなか無くって…。

と、

よく苦情を言われます。

そうですね、わたくしの本などは、

発行部数が少ないので、申し訳ないです。

         ・

それなら注文を、と、思いましても、

注文を受け付けるのを嫌がる書店もありますものね。

         ・

わたくしは、近所の書店に、いつもFAXで注文します。

大体、9割がたは取り寄せになります。

はじめ、近所のこの書店にFAXで注文したいから、と、

申し入れましたが、最初はかなり渋っていました。

それで、

もうそれなら、他の書店で頼むよ。 と、言いましたら、

渋渋、OKしてくれました。  今では、FAX注文のほうが合理的であると、

理解してくれているようです。 電話注文では、言った言わないのトラブルが起き易いですが、FAX注文ならトラブルは、まず起きません。 こちらとしましても、わざわざ注文するためにだけ書店を訪れる手間を省けます。

        ・

ネット注文も、かなりの便利さになっているようです。

コンビニに取り置きのサービスは、強力な便利さです。

いずれにせよ、

「本は、注文するもの」と、 理解して下さると嬉しいです。

      ~   ~   ~

さて、

その次の段階は、

「本は、書くもの」と、進んでいって下さることも、頼もしいです。

つまり、

「本は、読むもの」から、「本は、書くもの」への、発想の転換です。

何かを伝えたい、この思いが高まってくると、この発想の転換に行き来たるのでありましょう。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« 岡部嶺男さんのこと、日本感覚の具現 | トップページ | 「ういなめ」、の言葉 »

コメント

はじめまして。
ヲシテの勉強を始めたばかりの者です。
このような質問をコメントに書いて良いものか迷いましたが、同じような疑問をお持ちになる方が他にもあるかもしれないと思い、書き込みます。ご迷惑でしたら削除して下さい。

勉強を始めたばかりなのですが、いきなり「記紀原書ヲシテ」読んでいます。私としては、それが一番まっとうな学び方だと思ったのですが、文字は読めても意味がほとんどわかりません。
奉呈文だけ読んだのですが、「スヘラギ」の意味もわからなければ、「オオタタネコ」という名前が読みとれてもそれが編者の名だと言うことさえ解説を見なければわかりません。
手引きが必要だと思うのですが、そういった場合どの本を参考にしたら良いですか?
(後にはそろえるとしても)片っ端から本を買うわけにもいきませんから、先生の本の中でも特にホツマツタエの内容を把握するのにおすすめの本を教えて下さい。


 
 

ヲシテを覚えるのも中々大変ですよね。
何はともあれ、
『ホツマ辞典』さへ、あれば、
何とか、原文も読みこなせてゆくと思います。
日本の、本物の原点ですので、
『記紀原書ヲシテ』に、直接アタックされるのが最も良いことであるとの、ご判断に賛成いたします。

返信ありがとうございました^^
早速注文しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡部嶺男さんのこと、日本感覚の具現 | トップページ | 「ういなめ」、の言葉 »