2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« のら と みち | トップページ | 日本の音を、求めて… »

2007年5月20日 (日)

ほととぎす

昨夜から鳴き始めました。

いよいよ、「なつ」です。

「ウ ツキ」です。うの花も咲いています。

Photo_369

鳴き声は、‘ほととぎ・ぎーす’と聞こえます。

残念ながら、ヲシテ文献のうちには、「ホトトギス」の出例は無いようです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« のら と みち | トップページ | 日本の音を、求めて… »

コメント

初めまして。私は昨年から月に一度送付されてくるテープを聴き、古事記の勉強をしております。
『ホツマツタエ』はインターネットで知っていました。池田先生の『ホツマ縄文日本のたから』を拝読し、古事記講義で「おつかえする心」を観念的に分かっていましたが、P97の10行目から12行目を読み、「そういう事だったのか!」と涙が出て来て腑に落ちました。
また、P235~237は凄い真理に触れた思いです。私の今生の天命は『人・物・事におつかえする心で、理(ことわり)を修めていく』ことだと確信いたしました。そしてミソギの大切さも分からせて頂きました。
私のつたない言葉でこの感動を形にすることは不可能ですが、先生に御礼申し上げたく、メールをさせて頂きました。
次は『秘められた日本古代史 ホツマツタヘ』は読みます。



アマテルカミの
深きみこころに、ご理解のこと。
とっても、嬉しく存じ上げます。
ただしく、このおこころのあり方を、
広げてゆきたいと、念願しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« のら と みち | トップページ | 日本の音を、求めて… »