2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

本は、注文するもの?、探して買うもの?

書店を探しても、なかなか無くって…。

と、

よく苦情を言われます。

そうですね、わたくしの本などは、

発行部数が少ないので、申し訳ないです。

         ・

それなら注文を、と、思いましても、

注文を受け付けるのを嫌がる書店もありますものね。

         ・

わたくしは、近所の書店に、いつもFAXで注文します。

大体、9割がたは取り寄せになります。

はじめ、近所のこの書店にFAXで注文したいから、と、

申し入れましたが、最初はかなり渋っていました。

それで、

もうそれなら、他の書店で頼むよ。 と、言いましたら、

渋渋、OKしてくれました。  今では、FAX注文のほうが合理的であると、

理解してくれているようです。 電話注文では、言った言わないのトラブルが起き易いですが、FAX注文ならトラブルは、まず起きません。 こちらとしましても、わざわざ注文するためにだけ書店を訪れる手間を省けます。

        ・

ネット注文も、かなりの便利さになっているようです。

コンビニに取り置きのサービスは、強力な便利さです。

いずれにせよ、

「本は、注文するもの」と、 理解して下さると嬉しいです。

      ~   ~   ~

さて、

その次の段階は、

「本は、書くもの」と、進んでいって下さることも、頼もしいです。

つまり、

「本は、読むもの」から、「本は、書くもの」への、発想の転換です。

何かを伝えたい、この思いが高まってくると、この発想の転換に行き来たるのでありましょう。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月25日 (金)

岡部嶺男さんのこと、日本感覚の具現

女房が、注文した陶器の本が来たので…、と。

近所の本屋に受け取りに行ったのは、数日前のことでした。

たまたま広げてあったので、見ましたら、 驚きました。

        ・

外国の技術を良くこなして、さらに、日本風を上品に表現しています。

ここが、ポイントだと思うのです。

いまさら、縄文時代の技術だけに固着するわけにも、まいりません。

大きな文明は、

つまり、日本文明は、ほおっておいても、

かならずや、大きくさらにさらに併呑して融合を重ねさらにより良いものの創造発展にと、

進化発展してゆくものと、信じております。

解き放ちたいと思うのです。 その、持てる本来の‘ちから’を。

   ~   ~  ~

『陶愁 -岡部嶺男 作品集-』(小学館)

45ページ下、55-1、灰釉茶碗

188ページ下、340、窯変米色瓷碗

この、二つのものに、特に感動を覚えました。

        ・

ひとつめが、山茶碗の肌合いの雰囲気をうつしたもの。

ふたつめは、Chinaの技法を消化してからのもの。

    ~   ~   ~

作品展が、巡回であるそうです。

どれかには、行って見たいです。

   『陶愁』(小学館)の188ページ下、340、にある、

      窯変米色瓷碗が見れると嬉しいです、が…。

とにかく、

光悦以来の、感動でした。

          ・

わたくしも、

良いものを、作らなくては…。

女房も、そんな事を言っていました。

なんだか、

ホトトギスが急に騒ぎ出しました。 今日の声は、「ホトトギ ス」と、聞こえます。

彼女は、彼は、 何をか言いたいのでしょね?

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

フォントの公開から、もう1年経過

年月の流れ行くのは、速いものです。

「縄文文字ヲシテ」のフォント製作・公開配布から、

1年余りが過ぎました。

その時にこのブログも始めました。 →初めの頁です。

Photo_371

雨で、クワの実にしたたっています。

この一滴が、やがて大きな川になって行くのですね。

Photo_373

8代アマカミ(古代の天皇陛下)のアマテルカミの、

お言葉です。『ホツマツタヱ』23アヤにあります。

            ・

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月23日 (水)

ヲシテの文字と、言葉の一致性

ヲシテの文字が、一般に使われてくるようになりますと、

想定していなかった事々も、起きてまいります。

         ・

ローソクにヲシテ文字を記して、インテリアにしたい。

なんて、話しもありました。 でも、その記載しようとする言葉が、

「あい(愛)」とか、「へいわ(平和)」なのですね。

困ってしまいました。 二の句が次げませんでした。

言葉の時代が合わないと、ピエロみたいです。

       ・

とは、いいましても、

名前などの固有名詞は、漢字由来の発音でも、その通りに記載するしかありません。

それで、「ぱぴぷぺぽ」のヲシテも必要になってしまうわけです。

      ~   ~   ~

ヲシテ文字の、復活も、

色々な場面で戸惑うことが多く起きてきてしまいます。

忘れられて、2000年ほどにも年月を経てきていますから…。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月22日 (火)

「き よ め」・「清め」の言葉の意味合い

「かみ」の言葉も、とっても違います、

ヲシテ時代と、現代用語とでは。

ワケの判らない人たちは、よく過誤を及ぼしてしまい易いですが、   単純に「神」と変換すると‘大きな誤訳’になるような、モノです。

        ・

また、

「き よ め」の言葉も、「清め」とは、かなりの違いがあります、

ヲシテ時代と、現代用語とでは、 です。

「清め」とは、

現代用語では、‘良くないモノ’を払い落とす、意味ですね。

でも、

ヲシテ時代のその、中期頃にまで溯ると、

現代用語での、単に‘良くないモノ’を払い落とす、だけの意味では

掌握できにくい用例も多くなります。

「き」とは、‘ちから’でもありますし、

「よ」とは、理想を表す場合もあります。

「め」は、‘せしむる’の意味合いですね。

つまり、‘良くないモノ’を払い落とす、だけではなくて、

もっと、能動的なスタンスに立っていることが、お解かり頂けるかと思うのです。

「きよしめさるる」と言う言葉もあります。

            ・

このことは、

「汚れ」の言葉でも同様です。

「け」「かれ」と、分離して考慮すべきが、妥当でしょうね。

すなわち、

‘やまと ことば’の正当な評価に至る為には…。

        ・

すなわち、

「ふかき かみぢ に まさに いる べし」

と、

この言葉は、

まさに至言と申すべきでありましょう、 か。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月21日 (月)

日本の音を、求めて…

中西先生の、

日本の音を求める企画が、なされました。

Photo_370

とっても、

良い企画です。

5枚のチケットを頼みました。 前回などは、入手が難しいことからの、

成り行きを思ってです。

4枚は、あてなしです。 どうぞ、4枚の事をお使い下さいませんか?

ご連絡をお待ち致しております。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月20日 (日)

ほととぎす

昨夜から鳴き始めました。

いよいよ、「なつ」です。

「ウ ツキ」です。うの花も咲いています。

Photo_369

鳴き声は、‘ほととぎ・ぎーす’と聞こえます。

残念ながら、ヲシテ文献のうちには、「ホトトギス」の出例は無いようです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年5月19日 (土)

のら と みち

あんまりにも、膨大な仕事で、

ヲシテ文献に、どう取り組んでよいか?

  迷うばかりです。 でも、30年余りにもなるなら…。

と、 思われそうですね。 はたから見ると、30年は長いのかも知れません。

         ・

この30年余りの間に解かったことは、

「直訳は誤訳だ!」と、言うことぐらいが、しっかりした所でしょうか?

このあたりは、だいぶ浸透してきつつあるように思います。

         ・

「記紀の原書だ!」と、言うことの

大切な根拠の理解は、未だ10指に数えれるかどうか、

の、理解者があるかどうか? のあたりではないでしょうか?

ま、そんな、所と思ってもらって、大きな間違いは無いでしょう。

     ~   ~   ~

とは言いましても、間口は思いのほかに広がってきました。

それで、

どうやって、ヲシテに入門していったらよいか?

なんて、先日も聞かれました。

  ですが、わたくしは、

答えに窮してしまいました。  良い道ねー??

どうしても、思いつきませんでした。

結局のところ、今、わたくしたちのゴタゴタした歩みが、後々(のちのち)になってミチだ、

と、言われるようになるのでしょうか。 そのような、創成期がまだまだ数十年は続いてゆくのでは?

         ・

茫洋とした創成期は、自然界で言えば霞が掛かったような、霧の中でもがいている様な所です。 羅針盤は、自らの心のうちに、正しさを求めることのみと、考えられることが宜しいかと思います。

何ら、詳しいアドバイスも出来ずに、申し訳なく思います。 が、

創成期に遭遇したからこその、楽しみをお考え下されば幸いかと…。

2000年来の‘国学’の再構築です。

いや、年数は、もっと長きになりましょうか?

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月18日 (金)

物理的事象という障壁

パソコンの便利さには、目を見張るものがあります。

思わず、あれもこれも、出来そうですからやっておきたくなります。

とは言っても、

キーを叩くのも、「ひと」ですし、

画面を見るのも、「ひと」です。

物質をともなっていることには、変わりがありません。

物質である限り、物理的制約を受けざるを得ません。

有限なのです。

      ・

為しゆこうと思う仕事が、大きすぎたら、

セレクトさざるを得ない。 物理的障壁に対する答えです。

あるいは、

手分けをして分掌することもひとつの「テ」、です。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月17日 (木)

『記紀原書ヲシテ』の正誤表の更新です、4

またまた、すみません。

『記紀原書ヲシテ』の正誤表の更新を、させて頂きたく存じます。

記憶に強い所ほど、誤植が見つかりにくいようです。

『フトマニ』の「モ ヤマ」の項目に、あった誤植を見つけて下さいました。

あと、40アヤの、ページ数に誤植がありました。

以下の、正誤表をお使い下さい。

Photo_366

Photo_367

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月16日 (水)

明治の気骨

明治時代に編まれた書籍には、

いつも、助けられています。

『大日本地名辞書』『大言海』…。

何かしら、敗戦後からの書籍群と雰囲気が違います。

何だろうか?

『大日本地名辞書』の跋文(ばつぶん)を見ていましたら、(第一巻の巻末にあります)

何となく気がつきました。

‘ヲヲヤケ’のこころが強く作用していると思うのです。

出版社も算盤を放擲するし、

予約諸君子の義侠心の強い発揮の賜物だったのでした。

     ~  ~

物事は、

‘こころ’よりすべて起きる、

「世界隨心起」とは、富永仲基の言葉です。 Photo_364

『出定後語』の「須彌天世界第四」の章末に出ます。

           ・

‘こころ’の内の‘ヲヲヤケ’をしっかりと立てねば、

と、願っております。

その事を、松本善之助先生はおさとし下さっていたのでした。

Photo_365

は、「至誠如神」で、ここまで至れと…。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月15日 (火)

三尾の岳山(だけ さん)

三十年ほどもの、長い望みの登拝でした。

滋賀県、高島市は琵琶湖の西岸です。

そこに、岳山という古いいわれのお山があります。

ちょうど、田植えの終わった日でした。

Photo_362

右の端に近いほう、山の中腹に白い点々が見えます。

ここが特徴の、岳山です。

白い点々は、白坂(しろさか)と言って、水晶の採れる所でもあります。

案内してくださった、野々村さんは、

『ミカサフミ』を所蔵して保管して下さっている、旧家のお方です。

昔は、小学校の遠足で白坂に来たそうです。橇すべりで遊べる、との事ですが、

今の感覚では危ない! と言われそうです。

そこから、山頂までは約一時間掛かりました。

山頂には、「たちはな」が枝を少し伸ばしていました。

Photo_360

岳山のことは、

『縄文人のこころを旅する』の、165~166ページに

記載しました。

          ・

安曇川に訪問したあとは、

いつも、淡水魚の佃煮をお土産に買って帰ります。

安曇川駅のすぐ近くの魚岩商店には、30年を超えました思い出があります。

30年余り前に、川えびを買って帰った、その味が忘れられません。

‘ゴリ’という小さな魚の醤油煮も、家人に人気です。

魚岩商店は、

美味しいことは、勿論ですが、

和仁估安聡本(わにこ やすとし ほん)を発見して下さった井保孝雄さんと、

朋友であったとのことを、後に聞きまして、さらに味わいも深く感じられるのです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月 9日 (水)

小説のランクのこと

以前、

松本善之助先生が、おっしゃっておられたことを、

想い出しました。

「今東光の秘書の人が、聞きに来たよ」

この話しは、もう、30年以上も前の事でしょうか?

           ・

若かった、わたくしは、期待に胸を膨らませたものでした。

   なしのつぶて…。

それは、そうです。

今現在なら、良く解かることです。  そのことは。

      ~   ~   ~

さて、

頭の廻りの悪い、わたくしにも、

ようよう、わからせてくれる出来事がありました。

去年でしたか、ある作家の人が、私に聞きに来たことがありました。

とにかく前提について、先ずは、

理解をしてもらわなくては、と、

‘記紀の原書です’ この意味合いを、

随分と懇切丁寧に、説明しました。

おおよそ、これで良いかなと…、

3時間ぐらいは、説明したでしょうか?

それで、

質問を受けてみましたら。

「それで、何時(いつ)、翻訳できますか?」  と、来たものでした。

え !?

「直訳は、誤訳です!」

と、

延々と、説明していたのでしたよね?

ほんとうに、馬鹿にされたように思いました。

全くの、無駄な作業なのでした。  もはや、付ける薬が、見当たりませんでした。

それでも、 よもや、と、

乞われるままに、入手の難しい書籍のコピーを300枚ほどもして送ってあげたのは、

徒労のダメ押しですね。 今思えば、疲れが出ます。

お返しは、落花生の煎餅でした。

良いオチでした。

            ・

暖簾に腕押し、

豆腐に閂、

猫に小判、

いろいろな、言い方がありますが、それらのどれも、これもに、

該当するようなことは、稀有なことであるかも知れません。

      ~   ~   ~

昔、

今東光の秘書の人も、

こんな感じだったのでしょうね。

          ・

ヲシテ文献が、記紀(『古事記』『日本書紀<景行天皇54年以前>』)の原書である。

との、

この、認識を経なくては、

結局は‘お遊び’の事々です。

それは、筋道が違うのですね。  そして、厭うべき貶め族でもあるのですね。

‘お遊び’の段階は、“訳したい”とか、そんな下のレベルでの

事々にばかりにとらわれてしまうのです。  

最初の段階でどうしても必要なのが、本来の本筋で、ヲシテを受け入れる、

その覚悟!  ですよね。

ここが、礎石の一歩なのです。

が、  やっぱり、解からない人は、 どうやっても、解からないものなのですね。

なかなか、むつかしきところです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月 8日 (火)

ヲシテ時代への、遡及。 この一線の事。

記紀の原書が、ヲシテ文献である。

この路線に、しっかりと理解のあるお方、

ここに、やっと、はじまりです。

Photo_358

この一線を越えることが、どれほど大変か。

そこにきて、

初めて、アマテルカミのお遺し下さった大切なお言葉の真価に、

触れてゆくことが出来ます。

漢字文に当てはめては、ランク落しです、このこと…。

このこと…。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で! 

ご声援有り難う御座います。

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月 7日 (月)

新鮮な議論がいっぱい

ちょっと見なかったら、

議論が進んでいます。

ヲシテ研究室のサイトです。 特に、鍵の掛かっている場所です。

国家の礎を再構築せねばならないと、

このように、思いを込めていましたら、議論が活発になってきました。

            ・

明日は、時間がありますので、遅れた認識をゆっくり戻してみます。

何はともあれ、お腹がすいたので、

あんまり、頭が廻りません。

今取り組んでいる仕事に、ヘトヘトでもあります。

3000年あるいは、もっと遥かな時代に溯ろうとすると、

やはり、大変です。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月 5日 (土)

漢字文献の棚上げと、ヲシテ文献の復活へ

古来、縄文時代からの国家建国の歴史を、ヲシテ文献に拠って、

正等に理解掌握すると、いささかの動乱はあったものの、

国家としての屋台骨はちょっとも揺るいではいない、

と、

ヲシテ文献から読み取れます。

    ~   ~   ~

このことを、

正しく理解するには、誤訳の凝り固まりの漢字文献に、(『古事記』『日本書紀<景行天皇54年以前>』)

きっぱりと引導を渡してしまわなくては無くては

ならないと、

こんなふうに、思うのですが、

言いすぎなのでしょうか?  

記紀の事は、それらの記載事項は、

全くもって、中国思想(China)の反映でしかない、

つまり、

押し付けられた、モノ。  本来のしっかりとした‘日本’ではない、敗戦後の60年あまりのウヤウヤした時代。そんなところでしょうね。

近々の敗戦からの時間より、ちょっと長かったわけです。1000年あまり…。

この、あたりの事情を理解をすること。  ここが無くては、何にもなら無いと思うのです。この点、真名さんの記事

によりまして明瞭にご理解戴けることでしょう。

         ・

記紀に代表される、漢字文献。

さらに、そこに金魚のうんこのように、ぶらぶらしている、

モヤモヤのもの、そんな物は、何のものなのでしょうか?

ここに、

はっきりと、

決別しなければならない、と、  結局のところつまらないのですね。

この、

路線にまで到達してこそ、ヲシテ文献の名に恥じないものと成ります。

これで、「秀真伝」とは明瞭な区別がなされるわけです。

「秀真伝」は、‘偽書’。

ヲシテ文献は、真書。

          ・

ここに、

よもあけがた、と 明るくなってくるわけです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月 2日 (水)

『記紀原書ヲシテ』の正誤表の更新です、3

また,

また、誤植が見つかりました。

あいすみません。

上巻の、85ページの4-22、と、

下巻の、730ページの7行目、です。

以下の表をお使い下さいませ。 恐縮です。

Photo_356

Photo_357

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

‘やわらき’を…、 その本物は!

「和」の精神がどうの、こうの…、

なんて聞かされると、

わたくしには、どうしても違和感があります。

それは、

本物を、教えてあげたいと思うからでしょうね。

Photo_354

アマテルカミの、「みこころ」は、

この言葉をお聴きになって、とっても‘うるわしく’なられたのでした。

どれほどの、安堵感であられたか?

この頃、わたくしにも少しは理解できるようになって来ました。

       ・

ちなみに、この言葉は、カナサキさんの提言でした。

『定本ホツマツタヱ』133ページから提示しました。

『記紀原書ヲシテ』は、上巻の171ページです。

     ~    ~

1、から 5、までの心構えを、

ぜひ、

実行したいものだと、思っています。

わたくしにとりましては、まだまだ遠い願望に近い、望みですが…。

       ・

このヲシテ文献の文章は、

原文の、原字のまま、 で、

読み取ってもらうことが、重要でしょうね。

どう訳しても、誤訳の影に付き纏われてしまいます。

あるいは、

300年ぐらいの歳月を経れば、翻訳するのに適切な即時代の用語が出来ているかも知れません。   みなさま、言葉を、どうぞ創造して下さいませ。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

2007年5月 1日 (火)

早苗の季節、藤の季節

‘ふぢ’(藤)が香ってきました。

Photo_351

早苗が、植わりました。

Photo_352

冷泉家の‘やまと うた’の会の、

お題が「早苗」でした。

          ~  ~  ~

‘日本’の本当の輝きは、

未来の世界にとってどうしても必要で欠くべからざりける原理を、

秘蔵包含しています。ここに、焦点を当てましょう。

他に、‘日本’の、真実の進み行くべき、本当のミチ(道・筋道)がありますか?

そして、世界各地の…。

      ・

つまり、

他人に、何らかのプラスの事を提示できる、  ここが、肝心です。

これが、 この事こそが ‘トのヲシテ’です。 本来の‘日本’精神です。

古今東西・不易普遍の原理が、‘日本’建国の理念であったのです、ね。

ここを、

この精神を、再認識して、再び広めてゆくことこそ、

ここにおいてこそ、

大きな意味での、“国家再建”と呼称することができると…、

さらには、‘世界再建’にも、勿論発展します。

              ・

これは、信仰にも近い、わたくしの確信でしょうか。

ところが、

ある人は、

妄想とも言っていました。  どうなんでしょうね。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

    

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »