2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

言葉における、時代性のこと, その3.  漢字文献でのことなど

ヲシテ文献中の、文字遣(つか)い、また、その使用されている言葉が、

ヲシテ文献の読解に最も重要視されるべきである事は、

ご理解戴けたことと思うのです。( 「言葉における、時代性のこと」「『言葉における、時代性のこと, その2」

ですが、

ヲシテ文献中の言葉の、

その文字遣(つか)い、特に特殊ヲシテ文字使い分け、

また、近い音韻間での混乱状況は、冷静に見るとかなり大きいと思うのです。

一例としては、

「づ」と「ず」が混用されてしまう混乱から、そのために、「つ」か「す」かのヲシテ時代でのもとの記述の為され方が判然としなくなってしまっている。 このような例があります。

このような問題を解決する為に、

最も望むことは、さらに古い写本の発見があることです。

          ・

でも、

無いものねだりは、理不尽な要求の範疇に属することです。

つまり、‘ハタレ’ですね。

ということは、

私たちの、現実に今に得ている、モノ、

そこに拠っての最善を尽くすしか無いのですね。

    ~   ~   ~

また、別の視点でも考えてみましょう。

漢字文献の記紀(『古事記』『日本書紀』)に目を移してみても、

写本レベルにまで、詳細に目を凝らしてみると、かなりの混乱さもあるのです。

例えば、

『古事記』では、重要視するべき個所の、

「治」の文字と、「沼」の文字との、大きな誤認の問題点もありました。

『ホツマツタヱを読み解く』の173~178ページに詳しく述べましたが、

行書と言うほどにも崩さない文字で書かれた写本でも、書き写す段階で誤写が起きていたのでした。「治」が「沼」に代えられてしまっては、大きな間違いですよね。 でも、1000年たっても、今現代でも、未だ誤記の「沼」がまかり通っているのです。  ひえー!

『日本書紀』でも、頭を悩ますことが多くありました。

この、漢字を、どう記そうか?

と、悩む場面が多いのです。 ちょっと変わった異体字の漢字が、

種々の写本に花開いています。例えば「難」と言う漢字には、どこか一本少ないとか、多いとかなどの、ちょっと違いの異体字が5種類も有るのです。「凝」の文字は、7種類のちょっと違いの異体字が書かれています。

実際に、写本レベルにまで辿ると、漢字文献も中々のおとらずの混乱振りなのですね。

そうですね、 贔屓目をだいぶ控えても、

混乱度は、どんぐりの背比べともいえましょうか?

また、善本(校異の勘案に使用するべきしっかりした写本)

『古事記』の写本は、肉筆写本は5写本。

『ホツマツタヱ』の写本は、肉筆写本は4写本。

そこそこ、伝本もいい勝負ですよね。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月30日 (金)

一歩一歩の確実な歩み

階段は、一歩一歩、歩めば確実に上がるものです。

最早、

「ミシリツヒコと名を変えて」は、最先端の位置です。

Photo_301

でも、褒めてもらっても嬉しくないと、本人は言われる。

といって、他に言うべき言葉が無いのです。 これは、わたくしの不明です。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月29日 (木)

言葉における、時代性のこと, その2

前述の記事の、「言葉における、時代性のこと」にて、

言葉には、時代性があることをお話しました。

ヲシテ時代の言葉の解釈はどうあるべきか?

について、もう少し詳しく述べましょう。

        ・

ヲシテ文献が、記紀(『古事記』『日本書紀』)の原書であることがわかりました以上は、

その後に記された、漢字文献は重んじるべきでないことが、理解なされる事になります。これは、論理的に考えて、最も自然なことです。特に、記紀(『古事記』『日本書紀』)はヲシテ文献からの「誤訳」が多いのですから殊更に注意されなくてはなりません。

それで、なのです。 ヲシテ文献内にある言葉こそが、

ヲシテ文献を読み解いてゆくにふさわしい言葉なのです。

         ・

そんな事から、

以下のような感じでイメージをしてもらうと良いのではないでしょうか?

        ~   ~   ~

    ヲシテ文献を解読するための言葉

ヲシテ文献内に存在する言葉  …… 100%の信頼性

         ○

漢字文献時代の初めから、奈良時代までに

存在の認められる言葉      ……  30%の信頼性

         ○

その後、平安時代までに

存在の認められる言葉      ……  30%の信頼性

         ○

その後、江戸時代までに

存在の認められる言葉      ……  10%の信頼性

         ○

その後、現在までに

存在の認められる言葉      ……   3%の信頼性

       ~   ~   ~

「ちくら」の言葉は、九州の北部の海を意味しているのですが、

江戸時代になって、ひょっこりと、記録文に現れます。

このような例もありますから、後世にしか記録文に表れていない言葉でも、

時代が溯れないからと言って、あながちに、軽んじてしまうばかりが能でもありませんが、おおよそは、時代の下るにつれて、古語ゆかりのものだとする、その信頼性は上記のように低くなると理解為されてしかるべしでしょう。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月27日 (火)

言葉における、時代性のこと

江戸時代には、

すぐれた国語の研究家がいました。

富士谷成章(ふじたに なりあきら)がその人です。

著書の、

『あゆひ抄』に、極めて素晴らしい見方が提唱されています。

Photo_299

ウタの調査を進めてゆくと、

時代の変遷が、言葉に表れている。

つまり、

くわしくは、

Photo_300

六つの時代に、分類することが出来る。

その、

光仁天皇さんのころの、西暦780年頃までの、上代(かみつよ)の、

さらなる、さらなる、

大昔の、時代のヲシテ文献に、

わたくしたちは、挑んでいるのですね。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月25日 (日)

『記紀原書ヲシテ』の正誤表、その2

もっと、早くに公表しておけば良かった!

なぜなら、

ひとつ、新たにお教え下されたのでした。

四国にお住まいのお方です。

誤植の御教示は、まったくの初めての事で、とっても有り難きことです。

       ・

『ホツマツタヱ』の、37-14の1行目の、7字目、

正が「れ」です、誤が「め」です。

従いまして、以下の表をお使い下さいますよう、お願い申し上げます。

Photo_297

Photo_298

なによりも、おおやけのことと、

なりゆくの、ことぞうれしき、

はるのひのよい

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

『記紀原書ヲシテ』の正誤表

ルビ(読み仮名)の無い書籍では、ヲシテの誤植は困ります。

かなり、校正に神経を使ったのですが、誤植が後で見つかります。

             ・

『記紀原書ヲシテ』の正誤表を、記載いたします。

これまで、誤植を発見次第に、

訂正シールを作りまして、貼ってからお届けしています。

でも、早くにお届けいたしましたものは、修正が完全で無いものもあります。

順次に、誤植が発見されるからですので、宜しく、ご確認の程をお願い申し上げます。

Photo_294

Photo_296

なお、

さらに、別の誤植の発見が御座いましたら、

お手数では御座いましょうが、お教え下さいます様、

お願い申し上げます。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月23日 (金)

ヲシテ文献、を 身近に

今日から、温かさが肌身に強く感じられるようになりました。Photo_289

旧暦の、2月5日です。 もうそろそろ、「みつ を」の立つころですね。

「み う」とも言いますね。

          ・

ヲシテ文献も、このような感じの時期に、来つつあるのかも知れません。

でも、まだまだ、解明期を脱しているわけでは無いのですね。

このような状態の時、定説なんて,

‘にがり’を打ったばかりの出来立ての豆腐のようなふやふやのものです。

        ・   ・

わたくしは、

これまで、幾つかの新説を唱えてきています、が、

単に、わたくしだけが言っているもの、これは、提唱している段階だと理解されて宜しいのでは?  と、思っています。

本当に、この読み取り方でよいの?

と、 世間一般に対して問いかけている段階ですね。

それで、『ホツマ辞典』でもそうですが、当該の言葉の典拠のあるページ数を記載しているのです。

なぜならば、まだまだ、出来立てのふやふやの豆腐の状態ですから…。

どうぞ、原文に当たってみてくださいませ。そうしますと、又聞きのレベルからの脱却が成し遂げられます。 これは、ダイヤモンドか、金のレベルになります。

と言いますのも、

他人のものの見方を、わたくしなどは、鵜呑みに出来るタイプでは有りません。

やっぱり、根拠を自分の眼で確かめないとねー。

と、  これは、松本善之助先生からの直伝の基礎に関わる事項でもあります。

また、

ネットの発展において、第一番目の取捨選択のゲートは、

従来よりも、厳しくなってきつつあります。

つまり、

又聞きモノではねー。  と、判断されるようでは、

即、従来にも増して一行も読んでもらえなくなってしまいます。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月22日 (木)

『古事記』の正体を知る。「ミシリツヒコ」のこと。

『古事記』を、まだ、まだ持ち上げている人は多いものです。

私たちは、

その、漢字文への翻訳前の原書を得ているのですから、

数段上の位置に立っています。

でも、現代の一般の風潮を見ますと、『古事記』の何たるか?

についての、一応の理解は必要なことでしょう。

            ・

「ミシリツヒコと名を変えて」の、解明の文章には、

『古事記』の正体を明かす力があります。

『古事記』をたった4ヶ月で書き上げた、太安万侶(おおの やすまろ)のご先祖さんが「ミシリツヒコ」であるからですね。太安万侶(おおの やすまろ)の家の来歴の理解は『古事記』の何たるか? を知る上で、とっても必要なのです。

『古事記』こそ、‘偽書’としての判定に、限りなく近いシロモノなのですね。

                       ~   ~   ~

相模の海岸で、

先日に詠みました拙ウタです。

Photo_288      

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月21日 (水)

立憲君主国家の政体のこと

新機軸の方向性の、とっても良い文章を、

平岡さんが書き始めてくださいました。

‘縄文日本’の建国の秀逸性は、

「立憲君主国家」としての政体にあります。

じつに、

縄文時代に溯るものですものね。

          ・

この、テーマは大きな仕事です。

しっかりと、肉付けをなされて書籍の形に纏められるのが良いのではないかと思います。出来るだけのサポートはさせて頂きたく思っております。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

発見・発明の事

ヲシテ文献に取り組んで、

幾つかの、大きな発明・発見が積み重なってきました。

        ・

大きなものを、思い出すままに挙げてみますと、

1、記紀の原書が、ヲシテ文献である。(松本善之助先生)

2、絶対神のアメミヲヤの認識があった。

 アマテルカミの実在性の確認。

 これをもって、一神教であったことがいえる。(池田満)

3、ハラミのミヤの、現在地考証で、富士山の南麓であった。(池田満)

4、濁音表記は、ヲシテ時代に溯れるものと、

 伝承時代に付加されたものの二種類の峻別のこと。(池田満)

5、特殊ヲシテ文字の使い分け、あるいは、近い音韻の使用には、

 「添意」が込められている場合がある。(池田満)

            ・

このうちの、5番目は、今、提唱を始めてゆこうとしているものです。

      ~   ~   ~

よく思うことは、他にも多くあります。

たとえば、

同音記号の成立した時代の事もあります。

ヲシテに、ちょんちょんの同音記号が、まさかヲシテ時代にまで溯るものではないことは、解かることですよね。でも、これぞと言える根拠が、わたくしには未だ見出せなくています。 これぞ根拠だと、発見して下さったら、大きな発見のリストに将来挙がられることになるでしょう。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月20日 (火)

「あみり」の言葉

ヲシテ文献には、難語が多くあります。

それはそのはずです。

ほぼ2000年ぶりに、ひょっこり出現したばかりですから…。

           ・

「あみり」の言葉も、その、難語の一つです。

Photo_287

この言葉は『フトマニ』に2例の典拠があります。

一昨日、富士山の近くに宿を取って、夜中にうんうんと、考え続けていたら、

すっ、と見えてきました。  脳に汗をかくと良いですね。疲れますけど。

また、場所も良かったのでしょうか?

松本善之助先生の、墓参でご報告申し上げたのも良かったのでしょうか?

でも、

この「あみり」の言葉の解説を現代人に解かりやすく書こうとしますと、

かなりの困難を伴ってしまいます。 ヲシテ時代の古語は、漢字からとっても離れていて、さらに高度なるがゆえですね。

     ~  ~  ~

ヲシテ研究所の、サイトに、新規の研究室が開設されました。

いろんな議論など、UPされてくるようです。

漢字の文化からの、独立の為、ご参考に為されて下さい。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月17日 (土)

高度さと、解かりやすさ、その2

ヲシテ文献の、

日本の歴史にとっての、位置が、はっきりと理解なさってからの後の事です。

が、

(記紀、つまり『古事記』『日本書紀』の原書が、ヲシテ文献である。 この、認識が本当に解かってからの…)

               ・

そうしますと、

‘日本’の縄文時代から続く、文明の大きさと言うもの、この高度さと言うもの、

ここに、

大きな感動をもって自覚することになります。

さて、

この、縄文時代由来の、‘日本’の大文明を、

将来に活かして行くにはどの様にすれば良いか?

それが解かりやすさですね。

     ~   ~   ~

真名さんの、取り組んでおられます、

『延喜式』に出る歴史ある古い神社に、

ヲシテ文献との、文脈上にまで踏み込んだ整合性を解き明かしてゆく。

この、仕事も、大きな意義を備えています。

         ・

ヲシテ時代の‘やまと ことば’の文法を解き明かし、

現代人・未来人にも解かりやすくしておくことも、大きな意義があります。

         ・

縄文時代から、古墳時代に繋がる経済・社会の仕組みの解明も、

大きな仕事です。

         ・

事物編の、事ごともあります。

たとえば、

お皿を意味する言葉、

「うくは」「み さら」「「いは」の違いはあるか? 歴史的に変遷はあるか?

また、

弓矢の、歴史的な変遷は、ヲシテ時代に見られるか?

などなど、 数限りなく、興味が湧いてくると思います。

それらの、考察は、やはり、将来にとって意義の深いものでしょう。

         ・

このように列挙していきますと、もっともっと沢山の仕事が、控えています。

         ・

         ・

         ・

      ~   ~

さて、

ヲシテ文献が、記紀(『古事記』『日本書紀』)の原書である、わけですから、

‘日本’の歴史書の第一の尊ばれるものであるわけです。

そうしますと、

ヲシテ文献に根拠を据えた文化芸術が将来において花開くようになってくるのですね。

たとえば、

音楽の分野であっても…、

  これは、拙著の『縄文日本のたから』で、新しく日本歌曲の創作に挑みましたようなものです。

     ・

絵画の分野であっても…、

     ・

和歌の分野であっても…、

     ・

     ・

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月16日 (金)

高度さ、と、解かりやすさ

ヲシテ文献に、原字で、そして原文でお読み戴いている、

つまり、王道をまっすぐに歩む人には、

ヲシテ文献の、この、

縄文時代から由来する、‘日本’独自の文明の高度さについて、

常に、痛くなるほどの強烈さをもって、

肌身に感じておいでの事であると思います。

         ・

ところが、

その、大きな感動を、如何にしてか現代人に伝えようとしても、

この困難なることは、富士山を八丈島に移そうとするようなほどに、

困難極まりなきことなのです。

          ・

ひるがえって、考えてみますと、

西洋の近代文明の、世界にあまねく波及を遂げようとすることは、

それは、

再現の可能なることが、ひとつ、重要なることであったのです。

客観的に誰が最追認しても可能なることですね。

ここに、

ヒントがあるのでは無いでしょうか?

   ~   ~   ~

高度さと、

解かりやすさ、

この二つの要素に、留意してゆくことが大切かと…。

それでいて、

‘縄文日本’の建国のプライドを貶めることなく。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月12日 (月)

ヲシテの船出

ヲシテの大切さのお解かり頂けますお人の、

出現は、頼もしいものです。

   ~  ~

訳す・訳す、なんて、

そんな変な言葉は無しにしましょう。 これが、そもそもの間違いなのです。

スッキリします。

Photo_286

肝心要は、ヲシテを尊ぶ事です。

だって、

アマテルカミも、

ヲシテによって、お考えになられて、縄文哲学の構築の集大成をなさったのですから。  ヲシテに拠らなくてどうしますか?

根本ですよね。

これが、解からないと無意味ということです。

      ・

外国人のために、訳そうとするのですか?

無理にでも、訳そうと強行するのですか?

それなら、

あなたは、いったい何人?

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月 9日 (金)

桜花忌のこと(松本善之助先生の墓参のこと)

もう、5年にもなりましたか。

松本善之助先生のご逝去は、桜の花の頃でした。

         ・

本年も、

桜花忌として、墓参に上がりたいと思っております。

ヲシテ文献が、記紀の原書であると、この、大きな判断をなさって下さったのは、

やはり、松本善之助先生であられたのです。

2000年ぶりに近きの、発見ですね。

ヲシテ文献の、位置付けを正しく発見掌握するのは、困難な仕事です。

コロンブスの卵と同じで、解かってみれば簡単なのですが、

その、解かるまでの事は、尋常の事ごとでは有り得ません。

何しろ、この事は、

2000年近くにもわたってきた、漢字によって変化させられてきた、文化をひっくり返す事業になるからですね。

ことの本質が、解からない人は、直訳(漢字仮名混じり)してしまうのですね。

哀れな事です。 

これは、「秀真伝(しゅうしんでん)」です。 誤訳のこもごもは、一切合財を捨て去る必要があります。

このことを、はっきりと、初めて峻別なさったのが松本善之助先生です。

ここに、未来1万年の基礎を据えるヲシテ文献としての格式が、具備されたのです。

これを、

この、

大きな‘みそぎ’を経てして、初めて‘日本’は世界にリードできる立場を得る事ができるのですね。

         ・

本年の‘桜花忌’は、桜が早そうなので、

3月18日にと、思っております。

新規の進め方についてなど、ご報告方々、間違いは無かろうか?

と、墓前に額ずいて、み教えに触れたく思うのです。

ご参加のことなど御座いましたら、メール頂きますれば、

詳細の事を、ご案内申し上げます。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月 6日 (火)

公憤(おおやけ、なるがゆえの、いきどおり)の事、 ‘私怨’との違い。

日の丸の国旗が、粗末に扱われる事件が起きる事もあります。

そんな時は、心の中での平常心が乱されてしまいます。

ちか近にあった、反日デモにも、 「えー!?」と、言う思いの駆け巡ぐったことは、そう遠い昔の事でもありません。

      ・

そういった感覚が近いのでしょう。

「真書」のヲシテ文献に、

誤訳を当てまみせにして、誤訳版の偽書「秀真伝」を作って貶としめを画策する連中の跋扈を見る時。  鳥肌が立つのですよね。  わたくしは。

やっとの事で、見つけられた、素晴らしい、‘日本’の歴史に、

泥を塗られるのです。  いたたまれません。

      ・

酷い話です。  「古史古伝」・「秀真伝」は。

あの者達の浅い考えの下におこなう、

そのような、貶めの画策について、わたくしが憤るのは、いわば「公憤」であると理解されて良いのではないかと思うのです。  つまり、 日の丸の国旗が、粗末に扱われる。  こんなことへの憤りに、軌を一にしていると思うのです。

公(おおやけ)への憤りとは、おおやけ、なるがゆえの、いきどおり。 と、言ってよいのではないかと考えます。 高貴なる‘日本’を蔑ろにされることへの、憤りです。

「公憤」は、 ‘私怨’とは全く異なったモノだと思うのです。

「公憤」とは、あるいは「義憤」と言うべきかもしれません。

    ~   ~   ~

ヲシテ文献が「真書」である。 この事実について、逃げることなく正面から向き合ってもらわなくてはなりません。

私たちの、‘古典’であるのですから、もともとの文字で読み行く事が必然です。

しかしながらこの事の、一般社会の常識として、普及するのは、だいぶ未来の事であるような、将来の話でしょう。 これだからこそ、で、早めに気がついた人には、大きなチャンスがあるのです。

沢山の、為し遂げて置く仕事が多くあると云うことです。

と言うこともありますが、また、チャンスには、リスクが付き物ですから、この事は充分に理解してくださいまして、しかるべくコントロールをするように、お願い、申し上げる訳でございます。  リスクのそこそこの大きさを暫くは抱えておいてもらわなくてはならないのです。リスクは大きく、長く長く、潜んでもなお強く思うほどの‘こころざし’のあることが絶対的な必然条件でしょう。 バタバタやるのは、敵に手の内を公開するばかりで、前向きには、たったの一歩も進んでいない事でもあります。精密に分析しますと、逆に、敵に諜報の利便を与える逆効果の発生にも注意するべきかもしれません。

この頃は、公開されるのを恐れるが故に、特許の取得を、敢えてしない風潮も見られるようになって来ているようです。

        ・

そして、話を戻しますと、

「真書」ヲシテ文献の、

敵は、多くあります。

まずは、

足引っ張りの、「秀真伝(誤訳族)」。

もっと酷い、「古史古伝」のゴチャゴチャ、ガチャガチャ。

そして、本命は長らく‘日本’を貶め続けてきた「漢字文献」を基礎とした所謂従前の歴史学ですね。

本当に、先の長い事だと思います。   でも、

何がどうであれ、進めて行かねばなりません。

われわれが、為し行くものは、それは何となれば記紀の原書であるからなのですね。

つまり、「真書」であるわけ、だからです。  これを、‘日本’の根底に据えなくては、どうしようもなくなるのです。そのために、進むのです。

ことの本質が解かれば、誰だって進んでゆく事になります。

真面目であれば…。

これは、あだや酔狂では無いのです。

困るのです!

あだや酔狂だと、玩具の様に思っていて仇名す人たちは排除し尽くさねばなりません。あのような、モノ達は!これは、長く長くの更に良き将来のためなのです。

コトは、

‘日本’の正史を取り戻すための、大きな仕事なのです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月 4日 (日)

発露のこと

「わたくしは、このように考えます」

こう言った、意見を独自に、自分の心で編み出し行く事。

これが、大事なのですね。

Photo_284

      ・

他人の物まねは、つまらないのです。

殊に、ヲシテ文献のように、解明期にあるものでは、なお更です。

    ~   ~

発露のあるレベルの仕事をなされようとする人には、

わたくしは、全面的な支援を致しております。  

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

2007年3月 1日 (木)

『定本ホツマツタヱ』の在庫が…

『定本ホツマツタヱ』の在庫が、あんまり見当たらなくなりました。

この本は、30年かかってなくなるか?

と、

思って、作った本でした。

それが、

5年でした。

      ・

基本書籍なので、切らす事はどうしても避けたいと思います。

「あんなに一杯あったのに、もうないの?」

女房も、心配顔です。

それで、

明日、もう一回探してみます。

      ・

在庫が無いと、増し刷りを決断しなくてはなりません。

印刷費用、置き場所、 

売れない本は、自費出版でなくては実現できませんから…。

全部売れたのなら? 代金も?

と、も、思うのですが、贈呈した本も少なくありません。

また、

売り上げの回収には、書店の取次ぎ経路などの事もあって、

半年やそこら、遅れてくるわけですね。

    ~  ~   ~

初版の本はもうすぐ無くなってしまいそうです。

『定本ホツマツタヱ』は、どうあっても在庫切れは避けたく思います。

そんな訳で、増し刷りの段取りに追われる事になりました。

       ・

記紀との対比のこと、

そして、

諸写本の写本の違いについての、注釈をつけていることは、

今後、永遠の基本書籍として長く活用されてゆく事であると思います。

とは言え、  今回、

何部刷るか?

今もって、悩みの尽きぬ、日々です。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

     

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »