2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 難解語‘しむ’のこと | トップページ | ‘して’(幣)のこと »

2007年1月31日 (水)

「古史古伝」の言葉には、ご注意!

「古史古伝」と言う言葉を、さも、当然に使っていたら、

眉につばを付けて下さい。

それらはすべて、「偽書」ですから。

       ・

ヲシテ文献だけが、真書としての根拠を提示できます。

また、実際に、出版物として、

真書としての根拠を公開しています。

こちらを、ご覧下さい。

それらの、区別の方法は、こちらに詳しく記しました。

「日本ヲシテ研究所」にても、真偽の区別のガイドラインを提示しております。

こちらを参考になさってください。

        ・

怪しげなもの、それが、「古史古伝」と呼ばれるもの。「偽書」の集団です。

本当に困ったものです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

 

« 難解語‘しむ’のこと | トップページ | ‘して’(幣)のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難解語‘しむ’のこと | トップページ | ‘して’(幣)のこと »