2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大笑い、ペトログリフ | トップページ | Wikipediaは、参考にしないで下さい »

2007年1月20日 (土)

広めようとするのには、‘一息’置いてからでも…

今、現在の世間的な評価の事などは、あんまり考えないようにしています。

なにしろ、2000余年ぶりにも、なるような、その様な天地驚愕の出現が、

ヲシテ文献であるのですから…。

そんなに簡単に、解かるはずが無いのです。 普通の人々には…。

これは、当然のことであるのです。

これを、焦って、

無理に、性急に、解かってもらおうとすると、間違ってかえって無理を生じてしまいます。

この路線が「秀真伝」の事々です。  つまり、誤訳です。

焦りの誤訳によって、壮大な‘縄文日本’の高貴な文明を、誤ってしまう のです。 これは、余りにも、悲しいことではありませんか!

知ってか知らずか、「貶(おとし)め」に向けて背中を押してしまっているのです 、ね。

これこそが、酷(ひど)いことなのです、   つまり‘名折れ’です。

折れちゃったのですね。  バカみたい。

この貶(おとし)めの路線だけは、どうしても、回避せねばなりません。

         ・

大間違いであった、この「秀真伝」の路線のことは、既にこの30年来の研究史にみてもらえますと、

明らかなように、ご理解戴けますことでしょう。

大間違いであった「秀真伝」の路線の特徴は、

  可笑しげな物が、へんてこりんに、くっ付けられたりします。

これで、すぐさま判別が付きます。

つまり、

次のようなものが、くっ付けられていたら、

それは、オカルト紛(まが)いにしようとする、「貶(おとし)め」連中です。大間違いであった「秀真伝」の連中の仕業です。

  х  ペトログリフ

  х  神代文字 ・ 古史古伝 

  х  言霊(ことだま)」・「秀真伝(漢字仮名混じり直訳)」

      ― ヲシテ文献には、“言霊(ことだま)”なんて用例は、

                  一例も無いのです!  ―

  х  カタカナ書きの「ホツマ」なんてものは、眉唾です!

      ― ヲシテ文献の生命線である‘特殊ヲシテ文字’が、

            抹消されてしまうではありませんか!―

30年来の、悲しい物語です。

ああ、 なんて悲しいことでしょう。  これらの人々は、どうにも救いがたき事々です。

それらが、さらなる、 それら、

さらなるの、  嫌になるほど、

亜流が“貶(おとし)め”で騒ぐのです。 悲しいことです。 哀れなる事です。

ヲシテ文字の文字形でも解かります。

       

このような、トンマな事は、本当に困りものです。

    ~   ~   ~

さてさて、

真剣に、 考えてゆきましょう。

真面目さが、何よりも、大切なことだと思うのです。  

そうしますると、

何と、明るい未来が開けてゆくのですね。

真摯(しんし)に日本の「国史」の再構築を考えてゆこうとする、

良い方向の、

適切な、Webサイトを、「日本ヲシテ研究所」では推奨しています。

「日本ヲシテ研究所、推奨のWebサイト」

こちらに、推薦されているのが、推奨サイトです。

ここに掲載されていない様なものは、一切お勧め出来ません。

       ~   ~   ~

焦らず、早まらず、

ここは、

じっくりと、構えましょう。

1、ヲシテ文献が、「真書」であるかどうか? この確認作業が、取っ掛かりの前提の条件です。

2、「真書」であると、自らの判断でしっかりと出来るようになったら、

次の段階に進んでください。

3、ヲシテ文献の、内容についてじっくりと、究明を進める。

4、‘縄文日本’の文明の特質について、究明を進める。これは、漢字国字化時代以前の‘日本’の真実の姿についての解明を進めてゆくことです。

5、‘縄文日本’の文明と、諸外国との比較を進める。

6、‘縄文日本’の文明の、その特質について、この把握に基づき、

今後の将来に寄与を出来得る線を考えてゆく。

7、この後の事でよいのでは、と思います。広く世間に真実を勧めようとするのは。

           ・

自分自身の判断として、ヲシテ文献は「真書」である。 このように考える。

このことが、

本当の根拠になります。

他人の考えがどうだとか、

世間一般の常識がどうだとか、

その様な事々は、後からゾロゾロとついて来るモノでしかありません。

物事を決めてゆく、原動力は、先見性のある各・個人個人の見極めに立った理解こそ、であること。  重要なひとつの事です。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 大笑い、ペトログリフ | トップページ | Wikipediaは、参考にしないで下さい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大笑い、ペトログリフ | トップページ | Wikipediaは、参考にしないで下さい »