2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006年9月21日 (木)

「‘あめ’を 知る」 ヲシテ文献の、‘あめ’とは…

ヲシテ文献の‘あめ’とは、如何(いか)にも、

縄文日本の、ビッグワードです。

Photo_181

漢字国字化時代に、降(くだ)って、

‘あめ’は、「天(てん)」と言う言葉に も、格落(かくお)ちされて表現されました。

‘あめ’から、「天(てん)」へは、格落ちである。

と、このように

わたくしは、考えます。

           ・      ・

縄文日本の、高度な文明では、

「あ」・「め」と、

それぞれの、この2音が、‘漢字’の持つ意味内容よりも、もっと、高度な哲学を包含している。

これが、‘あめ’の “やまと ことば”です。

本当のところは、‘漢字’より、‘やまと’のほうが哲学的に高度であった。

この、事実の認定を、再認識して頂きたいと思います。これは、ヲシテ文献ありてこそ、初めて解かる事実です。詳しくは、『ホツマ辞典』の「アメ」の項目を、ご覧下さい。(さらに、ここ数年にて、解釈が進みつつあります、『ホツマ辞典』の改定版には、加筆をしたいと思っています)

つまり、

漢字文化での哲学的な把握のなされ方よりも、

‘やまと ことば’での縄文文明のほうが、さらに、さらに高度な哲学を包含しているのですよね。   冷静に見ましても…。

       ・

こんなことです。

現代の常識では、‘ひらがな’より、

‘漢字’が高度である、と  思いつめてきていました。

ところが、

実のところは、この事は、大きなる誤謬に属する、  と、

そういうことなのです。

“漢字”のChinaより、実のところは、“かな”の‘やまと ことば’の縄文日本の文明の方がとっても高度であった。

この、事実についての、再発見・再認識です。

縄文日本の文明の素晴らしさは、世界でも、最も最初の土器の製作・活用にも見出すことが出来ます。

このことは、

‘やまと’の、 古代の縄文日本に、高度な文明が成立していたのです。

でも、

それは、

余りにも高度であったため、一般の人には極めて難解なるがゆえに、

「漢字」の表記法などを受入れたと、

巨視的に見ての、8世紀頃付近の歴史の把握として、一考あるべしと、考えます。

真実の扉が、開かれることになります。

         ・

このことは、

余りにも、大きな誤謬の転換期です。

どうぞ、

お気持ちを、しっかりと なさってくださいますこと、

この事のみを、

祈念いたし続けております。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

2006年9月19日 (火)

贅沢の極み

何が、‘贅沢(ぜいたく)’か?  と、

この思いには、個人個人違う趣(おもむき)があります。

個人個人が、すべて違う思いのある、

そんな風に、感じています。

H18

松本善之助先生の、秋の墓参を、致してまいりました。  -東京・四谷-

良き、理解者の出現のご報告が、最もお喜び戴ける事項ではないかと…。)

いろいろな、達成感・幸福があります。わたくしには、縁遠いですが、征服欲なんて言葉もあります。

     ・   ・

でも、何はともあれ、

良いことです、素晴らしいことです。

好き嫌いのあると云うことは、

それは、

取りも直さず、  

個人個人が、価値判断をしているのです。

これ程、尊いことがありましょうか!

    ~     ~

でも、わたくしに、取りましての、この基準は、

縄文日本文明の光輝の解明こそが、最たるものです。

つまり、

私にとりましては、

お金にも、名誉にも、換えることが出来ません(今は、両方とも縁もありませんが…。将来も、でしょうね?)。 何しろ、わたくしの、敬愛し、敬服するのは、縄文日本の文明でありまして、この高貴なる精神を愛(いつく)しむがゆえです。絶対敬服・絶対敬慕の故(ゆえ)であるからなのでしょう。

ヲシテ文献に遭遇して、日本の漢字以前の光輝に触れたるが故の、成り行きです。 自然な事です。 それは、縄文日本の文明の卓越性が、なさしむるモノなのでしょう。尊きかな‘縄文日本’、この言葉が、すべてを言い表しているようにも思います。

    ・   ・   ・

今回、東北の探訪旅行でも、戻ってきまして振り返りますと、

縄文日本の文明の卓越性についての大きな再発見を、幾つも数えることが出来ました。 この成果も公表したいと思っています。

まさに、文献学による漢字以前の日本の解明の、真っ只中の状態です。

毎日毎日が、新発見の連続なのです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »