2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006年6月 3日 (土)

‘さびらき(早苗 開き)’の、おにぎり

近所の、人が、

‘さぶらき’のおすそ分け。

と、ふきの葉に、包まれたおにぎりを下さいました。

Photo_84

「有り難うございます!」

ふき の葉が、熱いご飯に蒸されて、

ふわー、と、良い香りです。

「黒くなるのが、おいしい証拠」

近所の人が、言います。 熱々のご飯を包むから…。

        ・

後(あと)で見ましたら、写真映りがもうひとつ…、 そうですね。

「ほんとは、藁で結ぶのです」   とも、近所の人も言っていました。

でも、

ふきの香りに誘われてしまって…、  もう、写しようもありません。

あっと、いう間におなかの中でした 、 ので。

   ~  ~  ~

「さびらき」は、「さぶらき」 とも、言うこともあるようです。

近所の人は、「さぶらき」 と言うんだ。 と、頑張っています。

  でも、 『大言海』を、見せましたら、

やはり、「さびらき」の項目に、記されていましたので、

近所の人も納得してくださいました。

そして、その、『大言海』に記された典拠の第一は、『倭訓栞(わくんのしおり)』なのでした。

『倭訓栞(わくんのしおり)』とは、

本居宣長が、大先輩と仰ぐ谷川士清(たにがわ ことすが)さんの国語辞典です。

おそらく、日本での初の大仕事です、 『倭訓栞(わくんのしおり)』、 とは 。

      ~  ~  ~

ここで、

もうひとつ、パンチを、

思わず、繰り出してしてしまいました。

言おうとは、思っていなかったのですが…。

           ・

「さびらき」は、ヲシテ文献に、既にあるのですよ。  と。

こう言いますと、近所の人も、ますます、びっくりのことでした。

もう、 そろそろ、  いくらなんでも、

ヲシテ文献の、その真実について、

ほんの少しでも、

ほんの、ほんの、  ほんの、少しでも、 お解かり頂くことに、

そんなことに成れば好いなー。 と、思うような所でした、 から …。

でも、

やっぱり、解かってくださるわけでもないかなー、 と、いう感じでしょう、か、ね。

     #  #  #

ちなみに、‘サビラキ’の、出典個所について、

掲示を致しておきましょう。

これも、

『ミカサフミ』に、典拠があります。

Photo_85

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

2006年6月 2日 (金)

アメミヲヤ(縄文日本独自の創造神)の、深き理解

縄文日本の時代の、日本の基層文明の新発見のうちで、

最重要は、‘アメミヲヤ’(縄文日本独自の創造神)の、事。

そして、

この、複雑な意味合いの理解を正確にすることです。

実に、

良い記事を、真名さんがお書きになってUPなされました。

ぜひ、お読み下さい。

http://blog.goo.ne.jp/manasanda/e/b8bf02f9ffb40cc6152de7ec0e520dc7

現代日本は、 またさらに、 日本人の本質は、

縄文日本の基層文明にまで溯って こそ、 真実、腑に落ちるところまでの

理解が可能になります。

     ~  ~  ~

縄文時代の、雰囲気を、ひとつ。

Photo_82

クワの実、の‘いちこ’が実ってまいりました。

これから鳥と、競争になります。

この、‘くわ いちこ’は、その昔、長寿のための、

食べ物とされていました。

『ミカサフミ』に、典拠を求めることが出来ます。

Photo_83

この用例の、「アマカミ」は、

2代アマカミのクニサツチさんです。

時代は、実に、縄文時代の前期から中期の頃です。

Logo_6 

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

2006年6月 1日 (木)

天皇陛下の、お仕事の大変さ、その2

本当に、大変なお仕事であらせられるのです。

伝統的に、これが、なんと、

実のところ、縄文時代からずーっと、引き継がれてきていたのでした。

Photo_81

細かな、お勤めのなされ方につきましては、

時代時代に合わせられて、少しずつ変化はあります。

今では、‘石灰壇’はありませんし、

‘四方拝’の方式になったのも、平安時代ごろの事でした。

でも、

天皇陛下さまの、国民の幸せをお祈りしてくださる、

そのお気持ちは、その、根本は、

縄文時代から、少しの変化もないのでした。

夜を徹しての、お祭りも年に何回もあります。

真冬の、雪の吹きすさぶ夜にもです!

さらに、

毎日の、お勤めも、もちろんなさって下さっておいでであるのです。

  !  !  !

そんな激務の、お仕事が、

天皇さまのお勤めであられるのです。

もしも、年若い‘女性天皇’さまに、その激務を、

お願いせねばならないとしたら、

わたくしは、断腸の思いに、胸が詰まってしまいます。

皇子(みこ)さま・皇女(ひめみこ)さまを、お育てになって頂く、お時間なんて、

まったく、有る訳がないのですから!

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

2006年5月31日 (水)

天皇陛下の、お仕事の大変さ

「いせの会」には、尊皇(そんのう)のおこころざしの篤(あつ)いお人も、

おいでになられます。

毎年、ご奉仕に上がるために、「毎月の貯金が大変だ」

と、笑顔です。

Sanae

マスコミの報道では、

華やかなことばかりで、大変さについて、ちょっとも報道されていない!

‘尊皇家’は、随分と、言っておられました。

   ・ ・ ・

昨年の、秋のご奉仕では、

かがり火の準備の係りになったそうで、

トラック何台もの薪運びは、くたびれた、との事でした。

配膳の係りになった人は、朝から晩までまな板の前で、

これも大変なそうであるとの事。

天皇陛下のお仕事は、国事に関わる事も勿論なのですが、

伝統的に、国民の幸せを願ってくださって、

夜を徹してのお祈りをなさって下さるわけでして、

わたくしも、拝察させて頂くにつれて、

ありがたさを実感いたすことになってまいりました。

おそらく、陛下のポケットマネーによって、お祭りの

かなりの部分が運営されているのではないか?

というのが、‘尊皇家’の観測です。

       ~   ~   ~

今日の、夕方には、‘尊皇家’の笑顔を拝見できましょう。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

『国家の品格』を、遅ればせに読みました

遅ればせながら、『国家の品格』を読みました。

ちょっと気がついたことを、ひとつだけ、申し上げておきたいと思いました。

西欧人は、我々日本人と交際を始める時など。

科学者であっても、

「夏目漱石」の話を突如、持ち出したり、したりする。

と、

ありました。

 著者の、藤原さんは、冷や汗ながらに日本文学の知識を振り絞って、

何とか答えたそうです。

    ~  ~  ~

そんな時には、

わたくしだったら、 『群書類従』の膨大な書籍群について、

説明をしてあげよう、と思うのです。

何故なら、西欧人の彼は、なにも、「夏目漱石」について知りたいがためだけの質問ではないのですから…。

彼は、あなたの全体的な教養 について、 “テスト”をしているだけなのです。

そこそこの人物であるかどうか?

また、彼自身の確かさの証明を、主張していることでもあるのです。

このあたりの事情は、

高尾慶子さん(英国に在住)の、本で詳しく解かると思います。

ロンドンの負けない日々の新刊書も出ました。

高尾慶子さんとは、出版社がわたくしも同じく、

真面目な出版社の展望社ですので、

親近感があります。

   ~  ~  ~

あるいは、こんな事もあります、

英語の辞書を、

どうしても引いて見なくてはならなくなった時、

やっぱり、『オックスフォード』辞典なのです、 ね 。

言葉の出典が明確に明らかにされていますので … 。

でも、そこでは、

日本の『大言海』の言葉の出典に比較して、明らかに時代が新しいのです。

日本の文化・文明の、その厚みについて、

もっと、自信を持って頂ければ、

なんなく、彼の“テスト”になんぞ、即、合格です。

またまた、さらに、

漢字以前の縄文日本の輝きについて、

ひとくさり、言ってみて下さい。

もう、彼は、羨望のまなざしに変わること、請け合いです。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

2006年5月30日 (火)

ヲシテ文字の、お手紙

ヲシテ文字ばかりでの、お手紙を頂きました!

初めてのことでした。  

Akaha21_3

それが 、  なんと!  

なんと、読みづらいのでしょう、か!

現代文を、ヲシテ文字だけで表記するのは、どうにも、

ふさわしくないように思いました。 たった便箋二枚が、10分ぐらい掛かってしまいましたのです。

常日頃、ヲシテ文字を書いて下さい。 と、申し上げている割には、

無残なことでした。 この、体(てい)たらくから、考えをまとめてみますと、

‘やまとことば’は、ヲシテ文字で、

そして、‘漢字由来語’は、漢字で、

それぞれ表記する方が良さそうに思います。

    ?  ?  ?

いつもは、遠くでささやくぐらいなのに、

今、まさに、

ほととぎす、が、矢鱈めったらと鳴き叫んでいます。

どうにも、 笑われているような、

そんなことなのでしょう、 ね。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

2006年5月29日 (月)

出生の不思議さ

「戦争がなかったら、(あなたは)生まれて来なかった」

耳にたこが出来るほどに、聞かされた言葉でした。

       ~  ~  ~

男やもめと、戦争未亡人、共に連れ子が一人づつ…。

そんなことなので、男三人兄弟なのに、

末っ子のわたくしも、戸籍上は‘長男’なのです。

それでなのでしょう、 か?

小さい頃から、大東亜戦争について全面否定されると、

わたくしの存在自体が“否定”されたように思えてきていました。

『東京裁判』の記録文書を読んだのは、高校生の時でした。

           ・

過去については、正確な把握をしなくてはならない。

わたくしの、信念になった結論でした。

      ~   ~   ~

大東亜戦争の全面否定に、

どうしても、わたくしは懐疑的な発言をしてしまいます。

そのたびに怒(いか)っていた母も、

この頃では、クニを立て直したいと、猪突直進するわたくしの心情を、

理解して・声援してくれるようになりました。

毎日、顔を合わせているので、気がつきにくかったのでしょうか?

今年になってから、

背丈が、やけに縮んだように、そんなふうに思えます。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »