2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006年4月29日 (土)

言葉は、世につれ、時代を語る

もうすぐです。  ホトトギス

の声を、今か、いまかと、楽しみにしています。

   ? ? ?

 と、 言いましても、

こんな田舎で暮らしている、近所の現代人でも、

   「?」 なのです。

「えー?  俳句の正岡子規って、居ましたよね」

   「はい、知ってます」 

「その、正岡子規の、子規って言うのは、ホトトギスの別名なのですよ!」

近所の人に、説明するのも大変です。

いつも、ホトトギスの声を、耳にしてはいるのですが…。

   ・ ・ ・ ・

「トーキョー、トッキョキョク  (東京、特許局)

と、鳴いている鳥の声を、聞いたことはありませんか?」

   「あ、それなら、知っています」

良かった好かった。話が前に進みそうです。

「それが、ホトトギスです。 ホトトギスの声です」

田舎に住んでよく耳にはしていても、それでも、

ホトトギスの声だとは、知らない人が、

なんと、8割近く・・・・、

そんな様に、感じています。

 ・ ・ ・ ・

でも考えてみますと、

‘特許’の考え方が日本に到来したのは、

明治時代に入ってからの事でした。

知的所有権なーんて、

今では、常識ですけれども、

西暦1474年、ベネチア共和国に始まった発明者条例の事など、

江戸時代では、唯一人として日本人の知るところではなかったのです。

そうしますと、

<トッキョキョク>

なんて言う事に、聞く事は、

明治時代よりも、以降ということになるわけです。

   ! ! ! 

でも、

明治時代以前に、ホトトギスは、

やっぱり鳴いていた筈ですよね。

『万葉集』の歌の中にも、

ホトトギスは、出てきますから…。

いま、勘定してみましたら、120首の多くにもありました。

一首を、例に掲げましょう。

Photo_21

ホトトギスは、気まぐれなので、

何時鳴くか、解かったものではありませんから、

大伴書持(おおともの かきもち)も、

気が気ではなかったのです、 ね。

「うちでは、よく鳴くので、遊びに来てくださいと」

せっかく友人を招いたのでしたが…。

その、とき、

『万葉集』の歌を読み返してみる時に、

<トーキョウ、トッキョキョク> (東京、特許局)

ホトトギスが鳴いていて…。

と考えるのは、

とっても変なことであると思うのです。

皆様に、おかれましては、いかがお思いになられますでしょうか?

でも、

ホトトギスの鳴き声は、

---トーキョウ、トッキョキョク---

と聞こえてしまうのですよね。

ほんと、いったん耳に付いたら、離れない。

それが、

---トーキョウ、トッキョキョク---

です。

本当に、ピッタシです!

  …   …   …

江戸時代、

ホトトギスの鳴き声をどう聞いたか?

ひとつには、

<テッペンカケタカ>

という聞き方もありました。

でも、

考えてみると、

テッペン”とは、「天辺」のことですから、

漢字の流入後の事でしかないわけです。

これでは、本当の、ヤマト民族の本筋にはとても辿りつけないのです。

   ・ ・ ・ ・ ・

何かの拍子のことです。

ホー、ト、ト、ギ、ッス

と、

そんな風に、

聞いてみましたら、なんと何と、そんなにも変でもないのですよね!

これは、

わたくしの、独自の、オリジナルの、

ホトトギスの鳴く声の聞き方です。

メトロノームを、76ぐらいにしてもらうと、案外に

ご支持が得られるのではないか?

そんなことを思っております。

そうしたことが、

もしものことで、

そうだな!

ということになってきましたならば。

ひょっとして、

縄文時代での、日本語の音韻の音価について

それを、確定せしむる上での根拠となしうる可能性も生じてくるわけです。

 &  &  &  &  &

ホトトギスの鳴き声のことから、

こんなちょっとした事からでも、真実の扉は開かれてくるやも知れません。

みなさま、コロンボ刑事のように、些細なことにも、お見逃しなく!

       ~  ~  ~  ~

また、また、

ちょっと思いついてしまいましたので、ひとこと。

“トコヨ クニ”と言う言葉があります。

日本の建国の最も最初の時代での、国号です。

日本の原初の建国は、縄文時代にあるわけです。

縄文時代においての、‘日本’の国家建国の事実があるにもかかわらず。

この、“トコヨ クニ”の国号について、

「常世国」と、あて漢字を、する人があります。

これらの人たちは、

ホトトギスの鳴き声を聞いて、

--- トーキョウ、トッキョキョク --- (東京、特許局)

と、縄文時代にも聞いていたと、直訳して、涼しい顔の人たちです。

同じですよね!  “トコヨ クニ”を「常世国」と、あて漢字にすることと!

          ・

わたくしに、よく聞かれるのですが

「鳥居さんとか、鏑さんとか、どう思われますか?」

こんな質問には、いつも、返答に困ってしまいます。

何も答えないと、不親切と、言われますし…。

それで…、

「付ける薬が無いのですよ」

仕方なく、こう答えるしかないのですね。 でも、いつも、変な顔をされてしまうのです、が。

どうしたって、このラインを、崩すことは、私にはできません。

たとえ、死を賜ったとしてもです。

だって、

縄文時代に、‘特許ッ局’

なんて言うわけ無いですもの。

いくら、ご気楽な気まぐれの鳥のホトトギスでも。

Logo_1

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

2006年4月27日 (木)

もう、ナツ(夏)になります。 -季節感のことー

あすからは、

もう4月です。  そう、旧暦の暦のことです。

_

   -<卯の花が、まだですので、

          白い花・ヤマシャクヤクをお目にかけました>-

旧暦の4月は、もう夏です。

日本の古来からの季節感は、4月をナツ(夏)と

感じることに有りました。

うのはな(卯の花・うつぎの花)の白さがさわやかになる、月、

ですので、‘ウツキ’(4月)と呼ばれてきていました。

縄文時代からの、月の名称です。

      ~ ~ ~

旧暦と言うよりも、本当は、日本固有暦と言う方が正しい

事があります。

クワ(桑)の樹の、中国種の導入にもあったように、

暦についても、細かな改良については、中国暦の、

導入があったのですが、基本的な枠組みとしましては

縄文時代・弥生時代の日本古来から太陰太陽暦が

行われてきていたのでした。

     ~ ~ ~

太陰太陽暦は、高度で複雑な暦です。

太陽の一年の周期、365日あまり。

月の一月の周期、28日あまり。

これを、融合させる暦です。

異なる周期のものを相(あい)調和させるためには、

緩衝用の何かを設ける必要があります。

これが、‘うるう月’です。

8代アマカミの、アマテルカミの時代に、

太陰太陽暦の完成が、詳細な点にまで出来上がった。

そのように、ヲシテ文献にあります。

   ~ ~ ~

どうぞ、

みなさま、ヲシテ時代の季節感に!

と思います。

世の中には、

西暦の繁行について、危機感を持たれる人もあります。

わたくしは、

もっと、実際の生活に密接な、太陰太陽暦の活用について、

これも、申し上げたいと思うのです。

日本列島に生活するうえでの季節感は、

縄文・弥生時代でのコヨミ(暦)でこそ、シックリと来るからです。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

2006年4月23日 (日)

珍品のクワ(くわ・桑)の樹

いつも、朝から・晩まで、

くわ・くわ、と言っていましたら、

女房が、珍しい品種のクワの樹を、

見つけてきてくれました。

あまりにも、珍品なので、

ご紹介したいと思いました。

Photo_19

もうひとつ、あります。

Photo_20

クワの樹の、人の長命に寄与することは、

前に書きました。 →こちら

そこで、さらに詳しく、

クワの樹の歴史をもう少し省みましょう。

そもそも、日本にあったのが、ヤマグワの樹でした。

それで、縄文時代から、ずっとキヌ(絹・シルク)を、

作り、活用してきていたのでした。

ところが、

日本自生のヤマグワの樹は、

春に沢山の葉を付けてくれるのですが、

夏、秋には、ほとんど葉が使えないのでした。

そこで、8世紀頃から、

中国種の桑の樹の導入が始まったのです。

大きく、2回中国種の桑の樹が、日本に導入されています。

  ・  ・  ・

私の家には、2本のクワの樹があります。

1本は、日本の在来種の流れを強く受けている‘赤木’

の品種に、極めて近い樹です。

この樹は、春先の葉の繁りがとっても勢いがあります。

でも、真夏を過ぎる頃からは、

食せるような葉がほとんど出でくれません。

      ・

もう1本は、秋にも良く葉を出す樹です。

中国品種の‘十文字’の流れを強く受けている樹です。

この樹は、葉の切れ込みがとっても大きいのが特徴です。

でも、春先には、あんまり葉を繁らせてくれません。

  ~ ~ ~

春と、秋、2回も養蚕を行えると、絹糸の生産は、

うんと多く出来ます。

そんなことから、色々な品種の

クワ(桑)を導入して、また、品種改良も進めてきたわけです。

やがて、新品種と、

日本在来種との、交雑交配が進んで、

現在では、純粋な日本固有在来種のヤマグワは、

無いようです。

みなさま、もしも、珍品のクワの樹を、

お見つけになられましたら、

お教え下さいませ。

Logo_1

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »