2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテの特殊文字遣い | トップページ | 特許事務所のお祝い »

2006年12月 1日 (金)

ヲシテの文字形の、貴賎/美しさ・醜さ。  ホツマ文字の美醜の形。

ヲシテ(縄文文字・俗に ホツマ文字)と言う、

極めて古い文字はその形状についても、

理解は、難解です。

今のところスタンダード(標準的な字体)としては、

和仁估(わにこ)安聡(やすとし)さんの文字体が良いと言うことになります。

和仁估(わにこ)安聡(やすとし)さんは、最も多くの写本を残してくださっています、

また、

写本年代も伝承時代での最古期に属します。

このことから、

和仁估(わにこ)安聡(やすとし)さんの、文字体を、

『定本ホツマツタヱ』や、『校註ミカサフミ・フトマニ』に使用しています。

            ・

一方、

崩れた文字形も、幾つかの、後の写本で散見します。

最も崩れた文字形は、幕末のころの、

小笠原通当(みちまさ)さんのものでしょう。

彼は、通当(みちまさ)さんは、50音図に作るのですね。これは、おかしいです。

間違っています。「タコ・リ、イカ・ル」と呼んでます。「イカ・リ、タコ・ル」とも。

鳥居礼くんなんかの「ホツマ文字」は、「タコ・リ、イカ・ル」の踏襲ですね。

美しいとは申せませんですね。

‘あわ うた’と言う、48音図の存在が縄文時代からあったのだ。

と言う根拠が、ヲシテ文献の中にあるのにですよ。

Awauta1

   『ミカサフミ』 58ページ

Awauta2

   『ホツマツタヱ』1-4

それは、

48音図を並べ替えたものです。国語の音韻は、48音韻こそが、伝統として正しい。と物語っているわけです。

何が悲しくて、後世にできた50音図を持ち出してくるのでしょうか?

そして、ご丁寧に、ワ行の「ゐ」「う」「ゑ」に相当する新作のヲシテ文字も

創作してくれていました。 これでは、「神代文字」や「古史古伝」と呼ばれても仕方ありません。これでは、「偽書」になってしまいます。成立した時代が狂わされてしまう為です。 要らぬ物をくっつけて貶める、まったく蛇足と言うものですね。

そのような、接し方の態度である小笠原通当(みちまさ)さんの、文字体は、

Photo_1

これ程に、大きく崩れてもいるわけです。 

並び順も、悲しいことに後世にできた「アカサタナ」ですものね。

‘日本’本来の縄文時代からの伝統は「アカハナマ」ですのに!

ヲシテ文字の、特殊文字体についても、理解がなされていません。

これでは、偽書の「神代文字」や「古史古伝」となんら変わりませんね。

醜い文字形ですね。

鳥居礼君なんかのヲシテ文字体はこれに近いですね。「の」の文字も縦横棒が突き出てたり、「え」の母音の形状が特徴的に変てこです。

これは、国立公文書館に収蔵されている、

『神代巻秀真政伝紀』にあります。

国立公文書館は、

東京駅から直ぐ近く(竹橋下車)です。何方(どなた)でも閲覧できます。

                         ・

とは、申しましても、

小笠原家の三代以上にもわたる、ご精進のお陰様にて、

ヲシテ文献が、現在発見された経過もあります。

研究の側面に付いては、一言申さずばならないのではありますが、

小笠原家のご恩に対しては、衷心からの感謝を念じ上げております。

伝承という、極めて大切な事項において、その功績は永遠に讃えられる事であります。

さらに、小笠原長武さんの研究は、現代研究の端緒となった、

輝かしい歴史もあります。 小笠原家への賞賛は限り無しといえましょう。

とはいえ、

ヲシテ文献の発見当時には、

なかなか難しい事情もあったとは、推測することも出来ますが、

現在の時点としまして、道当(みちまさ)さんの文字体だけは、

どうしても感心できかねます。

           ・         ・

   ― 追記 ―   (平成25年3月7日)

また、近々にも変テコ文字が作られてます。

時間経過と逆に、程度が低下していく流れはおかしいです。この類(たぐい)こそ、「ねずみ男」の証明です。

変な文字形です。とても、見るに耐えられません。 

とは、言いましても、一応、酷さの例として掲げます。

Kitanaimoji

酷い字ですね。我が文明の尊さ美しさを貶めようとする動きですね。だから「ねずみ男」と呼ぶと解り良いのです。

      追記、終わり。

            ・

  

   

味直しに、和仁估(わにこ)安聡(やすとし)さんの、文字体を掲げましょう。

Yosoyanokoe_1

また、名前のわかっている最古のヲシテ文献研究者の、

奈良に在住していた溥泉(ふせん)さん(江戸時代中期)の

ヲシテの文字の形を掲げておきましょう。

Photo_212

      溥泉 著 『朝日神紀』  (京都、龍谷大学所蔵)

手馴れた、美しいヲシテ文字形であると思います。

            ・

さらに、平成の代に至りまして、

それも、今年になりまして、溥泉(ふせん)さんの文字体にも、和仁估(わにこ)安聡(やすとし)さんの、文字体にも雰囲気としてある漢字臭を取り除こうと、

縄文時代への遡及を試みました。 筆の特注からの仕事でした。

そこで、

縄文文字ヲシテと、名づけました。

Yosoyakoe7

文字体の、どの形が美しいでしょうか?

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« ヲシテの特殊文字遣い | トップページ | 特許事務所のお祝い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/4365375

この記事へのトラックバック一覧です: ヲシテの文字形の、貴賎/美しさ・醜さ。  ホツマ文字の美醜の形。:

« ヲシテの特殊文字遣い | トップページ | 特許事務所のお祝い »