2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『ホツマ辞典』の改定増補のこと、語彙解釈の項目追加のリクエスト | トップページ | 強き、 つよき ‘こころ’ »

2006年11月14日 (火)

漢字の呪縛からの開放を勝ち取ろう!

ヲシテ文献で、何が大切ですか?

と、

訊かれる時があります。  この時、

「漢字文化からの、独立です!」

と、わたくしは答えるようにしています。

Tukinoura_2

    <宮城県・月の浦付近、支倉常長がヨーロッパに船出したところ> 

そもそも、

‘日本’には、縄文時代から優れた哲学があり、

世界でも最古級の国家建国が成し遂げられていたのです。

ここに、

誇りとまでは、いわないまでも、

せめて、しっかりした自信をもって良いと考えます。

           ・

ここを、

2000年近くも、大きな間違いをしていた。

これを正そう!

と、謂う事なのです。

     ~   ~   ~

それには、

従前の漢字文献の『古事記』『日本書紀』について、

わが国における、位置づけを再検討して、

「放擲」に近い扱いを与えるようにしなくてはなりません。

何故ならば、

従前の漢字文献の『古事記』『日本書紀』は、誤訳ものであり、

さらに、恣意的な書き換えが随所に見られるからです。

本来の‘日本’の伝統的な縄文文明が貶められて記述されてしまっているからです。  

      ・

この事実に、

気づいて頂いたお方が、ぼちぼちと、出現せられておられ、

頼もしい限りです。

真名さんのサイトは、現代人にも解かりやすく、

展開なさっておられます。こちらをどうぞ、お読み下さい。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 『ホツマ辞典』の改定増補のこと、語彙解釈の項目追加のリクエスト | トップページ | 強き、 つよき ‘こころ’ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字の呪縛からの開放を勝ち取ろう!:

« 『ホツマ辞典』の改定増補のこと、語彙解釈の項目追加のリクエスト | トップページ | 強き、 つよき ‘こころ’ »