2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検索の言葉は、‘ヲシテ’が多かった | トップページ | さえわたる かんなの月 »

2006年11月29日 (水)

「が」の言葉の難しさ

単純な、漢字当て嵌めには、

‘鳥肌’が立つ思いが致します。

なんと言っても、「誤訳!」ですから。

    ・

と、

では、

正訳は?

と、

聞かると、悲しいことに詰まってしまいます。

「本当に、申し訳ないことと思います」でも、3000年来の事でもありますので、この辺は、幾らか割引して頂くと言うこと、

このことのみです。

     ・

ヲシテ時代の古語の「が」について、この、漢字以前の正確な「やまとことば」としての、語彙の究明に傾注しています。

むつかしいところでもあり、ます。

« 検索の言葉は、‘ヲシテ’が多かった | トップページ | さえわたる かんなの月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「が」の言葉の難しさ:

« 検索の言葉は、‘ヲシテ’が多かった | トップページ | さえわたる かんなの月 »