2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さえわたる かんなの月 | トップページ | ヲシテの文字形の、貴賎/美しさ・醜さ。  ホツマ文字の美醜の形。 »

2006年11月30日 (木)

ヲシテの特殊文字遣い

特殊文字の使われ方からは、

多くの状況を推察できることがあります。

たとえば、

‘ヲシテ’は、文字のことでもあり、

また、‘フミ’(書籍)のことでもあり、

現代には「憲法」にも相当する‘トのヲシテ’を意味している用例もあります。

通常の、記載されている文字では、‘ヲ’が中点なしの特殊文字で

ほとんどの用例が記されています。

Photo_208

です。

この、‘ヲシテ’の‘ヲ’と、下に掲げる通常のヲシテ文字の‘ヲ’

とを見比べてください。

Photo_209

これは、通常のヲシテ文字体です。

特に、区別を表現する際には、「中点あり」と呼んでいます。

         ・

前に掲げた、「中点なし」の‘ヲ’は、

「中心(朝廷)」を強く意識したヲシテ文字の用い方であるわけです。

尊敬の念も込められています。

       ~   ~   ~

さて、‘ヲシテ’の言葉で、

こんな用例もありました。

Photo_210

‘ハタレ’の誓いの場面ですね。

でも、ここでは、あ行の‘オ’に記載がされています。

写本のすべてが同じですね。すべて、あ行の‘オ’に記載がされています。

           ・

この用例には、

‘ハタレ’達が自分の手文字か、あるいは、文字を記したかして、

そして、誓いを行った、

と、

このような場面が、わたくしの心には思い浮かんでまいります。

「中点なし」の‘ヲ’に記載がなされなかったのは、

恐れ多きことで、あった。

それはつまり、

‘ハタレ’達の記したヲシテ文字であったため。

そのように解釈すると、シックリと行くわけです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« さえわたる かんなの月 | トップページ | ヲシテの文字形の、貴賎/美しさ・醜さ。  ホツマ文字の美醜の形。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヲシテの特殊文字遣い:

« さえわたる かんなの月 | トップページ | ヲシテの文字形の、貴賎/美しさ・醜さ。  ホツマ文字の美醜の形。 »