2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 洞ヶ峠の、筒井順慶の墓所、近くにはスガタひめの神社 | トップページ | 日本民族の深層の真相の物語 »

2006年8月12日 (土)

誤訳の積み重ね・連鎖の恐ろしさ「秀真伝」

パトリック・スミス

『日本人だけが知らない日本のからくり』(株式会社新潮社)を読みました。

だいぶ前に、買っておいた本でした。

と言うのは、かなり変な日本理解なので、ほおって置いた本でしたから。

久しぶりに、手にとって見たら、、気がつきました。

「あ、そうか。 『秀真伝(誤訳ホツマ)』と、同じだ」 と。

直訳の・そのまた直訳したような、理解の仕方でしたから…

   ~   ~   ~

もっとも、おかしな個所は、

「かみ」の‘やまと言葉’を、すべて「神」と直訳理解してしまっている事です。

つまり、誤訳です。

‘やまと言葉’での「かみ」は、

多くの意味が包含されています。思いついただけですぐに五指に達します。

1、上(うえ、の意味)、川の上流などもいう

2、祖先

3、偉人

4、天皇陛下(お かみ , と尊称する

5、西洋的理解での、「神」

それら2~5までを、すべてごっちゃにして、「神(ゴッド)」と、直訳理解してしまう、おかしさは、矢張り外国育ちの人には理解しがたいのでしょうね。

         ・

このことは、

ヲシテ文献を、漢字仮名混じりに、直訳すると、

何ともならない、いびつな物になってしまう、

まったく同様の「からくり」なのでしょう。

      ~   ~   ~

たとえば、『ホツマツタヱ』の39アヤの例を挙げてみましょう。

ヤマトタケさん(日本武尊)の、おこないになられた論功行賞のところで、

Kamokatominamezumu_1

この、引用文中の「かみ」の言葉は、

わたくしなら、「ウタの大切さを良くご存知の、古代の偉人」と理解します。

何故ならば、引用文を現代語に要約しますと、

「ヤマトタケさんの連歌に、ちゃんと返し歌を捧げた人には、クニ(村)がご下賜されました。 みやげ物の運搬に労力を使った人には、報償金だけが下賜されたのでした。

不満に思っていた、 みやげ物の運搬に労力を使った人たちが、

連歌の歴史についての講義を受けて、思わず口について出た言葉が、

『キミ(ヤマトタケさん)は、<かみ>か!』 と、みんなで声を揃えていたのでした。 こうして、ヤマトタケさんの偉さに改めて感動したのでした。」

の、ような内容であるからです。

ちなみに、連歌の返し歌を、捧げえた人物は、

かの、有名な秦の徐福の子孫で、日本名が「そろり・よすな」と言うのでした。

帰化人に、また、帰化人の子孫に、ヤマト文明に造詣の深い人が出るのも、面白いことです。

           ・

それにくらべて、

この、引用文中の「かみ」の言葉を、「神」と直訳したら、

変ですよね。

そのような誤訳の、積み重ねが、「秀真伝(直訳・誤訳ホツマ)」です。

「秀真伝(直訳・誤訳ホツマ)」は、すべて、廃棄処分にするべき代物(シロモノ)であることは、幾人かの人には理解されつつあります。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 洞ヶ峠の、筒井順慶の墓所、近くにはスガタひめの神社 | トップページ | 日本民族の深層の真相の物語 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤訳の積み重ね・連鎖の恐ろしさ「秀真伝」:

« 洞ヶ峠の、筒井順慶の墓所、近くにはスガタひめの神社 | トップページ | 日本民族の深層の真相の物語 »