2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その2 | トップページ | 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その4 »

2006年8月29日 (火)

「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その3

「たつ」の活躍の色々について、

詳しく見て見ましょう。

身近なところでは、家々の建屋(たてや)の内にも働きがあります。

Photo_166

漢字で、鴨居や敷居と書いてしまうと、深い意味合いが判らないままですが、

(す)れて熱くなりやすいと個所に、水鳥の名前を付けて防火・鎮火の助けとして、「たつた」のカミを招いたのですね。

漢字の当て方について、吟味してみますと、

鴨居は、まあ、何とか良しとしても、

敷居は、いけませんね。 本来は「しぎ(水鳥の」が原意ですから、敷居は誤訳です。誤訳は、困りモノです。

           ・

「たつ」と、「たつた の かみ」との関係については、

「たつた」のカミの、最も具現化したはたらきが「たつ」であったことは、

前項、その2の記事に引用した『ホツマツタヱ』24-76~77の典拠に明らかです。もう一度、掲示しておきましょう。

Photo_167

詳しい解説は、こちらに。

            ・

さて、形而上の働きが、物質に具現化してゆくにはさまざまな経緯を必要とします。

自然神の8神のそれぞれの具現化にも、物語があります。

1、ウツロヰ (気体)

2、シナドベ (かぜ・熱くないエネルギー)

3、カグツチ (ほ・熱いエネルギー)

4、ミツハメ (液体)

5、ハニヤス (固体)

6、ヲヲトシカミ (穀物の豊穣)

7、スベヤマズミ (森林治水)

8、タツタヒメ (防火・鎮火)

の自然神のうちの具現化にて、うまくいった物もあれば、そうでもなかったモノもありました。

Photo_169

「おころ」とは、現在で言いますれば、‘もぐら’のことです。

真っ暗な、地面に住んで、モグモグとやっているモグラは、

口を開くと真っ赤です。

どうも、カグツチ (ほ・熱いエネルギー)と、ハニヤス (固体)との間に産まれた生物のようです。

「たつ」になりたい、「たつ」になりたい、 と、

手を掻いて、口をモグモグやりどうしです。

でも、「たつ」に成り損(そこ)ないの‘おころ(もぐら)’にも、役立つ役割があります。

土の中に、カグツチ (ほ・熱いエネルギー)のエネルギーを吹きかけて、災いを防止する力がある。これは、尊いことだ。 と、ニニキネさんから、特段のお褒めを賜ることが出来たのでした。

    ~   ~   ~

ひと(人)が日常の生活を送る上で、「ほ(熱いエネルギー)」は重要であると共に、その取り扱いには細心の注意を必要とする、危険なものでもあるわけです。

有用な働きであっても、危険なもの、

それと、ひと(人)はどう向き合ってゆくべきか?

それが、「たつた」のカミ、でもあり、

その具現としての「たつ」であったのです。

何か困った時には、「のりと」を述べると良いと、『ホツマツタヱ』22アヤに出典があります。

Photo_170

防火・鎮火の働きを期待し、委託するのが「たつた の かみ」「たつた ひめ」でした。

その、具現化が、「たつ」だったのでした。

火の災いから、ひと(人)を護る。これが、「たつ」です。

隣国の、中国(China)の「龍」の概念とは、大きく異なります。

漢字以前の日本は優れています。 しかし、一方、諸外国については、それほどの事はございません。

漢字以前のヲシテ時代の「たつ」の概念の、その、独自性・高度さには、またしても驚くばかりと申すばかりです。

漢字以前の時代の日本の先進性について、おおよそ、グローバルに見ても他に比肩出来る文明があるのかどうか? 私は、対抗馬も見つけられないでいます。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その2 | トップページ | 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その3:

« 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その2 | トップページ | 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その4 »