2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ‘よしあし’ の書のこと | トップページ | 日本民族の根底の問題、記紀の価値は高いか?低いか? »

2006年8月23日 (水)

ヤマトのミチ(道)の、麗しさ

ヲシテ文献に、真正面からあたる人の、続々なる出現は、

何と言っても、感動です!

2000年近くも、押し込められていた、日本民族の根底からの感動なのです、 から。

Photo_161

記紀の原書には、筆舌になど到底語りつくせない深い内容が記録されています。 ヤマト民族の古代における光輝を、思うばかりです。  ただ、行間に書かれている事項が多いので、ややもすると、誤訳に陥ってしまいます。

この、単純翻訳における誤訳だけは、ご注意くださいませ。

 この事ですが、

もう、わたくしが、注意を呼びかけなくても良い人が、幾人も出現してきました。

その、区別は、

     ~   ~   ~

         A,

わたくしが、注意を呼びかけなくても良い人 → ヲシテ文献 の名称を使っている。

         B,

わたくしが、注意を呼びかけネバならない人→ 「秀真伝」「ホツマ」などと、言う。

      ・

    ご注意、

「ヲシテ文献」の名称は、

商標登録していますので、ご使用には慎重になさってください。

お問い合わせは、日本ヲシテ研究所までお寄せ下さい。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« ‘よしあし’ の書のこと | トップページ | 日本民族の根底の問題、記紀の価値は高いか?低いか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトのミチ(道)の、麗しさ:

« ‘よしあし’ の書のこと | トップページ | 日本民族の根底の問題、記紀の価値は高いか?低いか? »