2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その4 | トップページ | 食べものの安全のこと、求める側のこと »

2006年8月31日 (木)

「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その5

ヲシテ時代(漢字以前の日本)の自然神の「たつ」には、人々は尊敬の念を持っている事が解かりました。

でも、単純に尊敬の念ばかりでもなかったのですね。

つまり、

他の自然神の起こした事象の事で、ひと悶着があったときに、 人と自然神の間の位置関係が判明する事例があります。

    ~   ~   ~

このとき問題になったのは、他の自然神の「うつほ(気体)」の「ウツロヰ(うつ ヲ カミ)」の起こした災いでした。10代アマキミとなられる、ニニキネさんの青年期の時に、「うつほ(気体)」の「ウツロヰ(うつ ヲ カミ)」が災いを及ぼしたのです。せっかく、ニニキネさんの新宮の完成があったというのに、なのでした。

『ホツマツタヱ』 21アヤに出典する、故事です。

Photo_171

新田の開発に、その、みこころを熱くなさっておられる、ニニキネさん(みまこ・アマテルカミのお孫さんに当たられるので)

新田開発の拠点になるのが、「にいはり」の新宮殿です。

いまの、茨城県の筑西市(ちくせいし)の古郡(ふるごうり)に、位置します。

「にいはり」の新宮殿の完成が報告されますと、居ても立っても居られません。ニニキネさんは、夜中にご出発なさいました。

古くから栄えていた、「つくば」のミヤ(宮殿)から、北西の方向に御輿(みこし)は進みます。ちょうどこの日の日中には、御兄(おにい)さんのアスカ ヲ キミからも、お祝いが寄せられます。第一の重臣のフトタマさんを使者に遣わしての、祝賀です。

Photo_174

ニニキネさんのご一行は、筑波山付近から、北西の方向の「にいはり」の新宮殿に向けて進んで行かれました。

トサト(十里)来たところで、稲光を見ます。それは、「にいはり」の新宮殿の方であるのでした。

ここで、地図を見て見ますと、

今でも、十里の地名が残っていて、さらに、桑山神社もあります。

雷に、桑原桑原という言い草を、つい思い浮かべてしまいます。

Photo_175

茨城県筑西市桑山の地区です。 ここで、酒徳利に「十里」と書いた江戸時代ぐらいのを見かけました。頼んでは見ましたが、家宝だからと、譲ってはもらえませんでした。いくらでも、出します(ポケットはいつも軽いですが)と、言って頼んだのですが、お金ではないのです、よ、ね。  要は、信頼ですね。

                  ・

さて、折角の新宮殿に、落雷です。

Photo_177

ニニキネさんは、祖父のアマテルカミ(ここでは、アメ・アとして表現されています)に、事の次第を報告なさいました。

するとどうでしょうか。

あの温和でおやさしいアマテルカミが、「なさけなき (ウツロヰ・ウツ ヲ)やしろ ひしげ(毀してしまえ)」と、厳しい強い語調でおっしゃったのでした。

自然神というものは、人よりも下位に位置づけがなされていた事が解かります。

縄文時代・弥生時代の真実は、ここにありました。

   ~   ~   ~

一方の、隣国の、

China(中国)の方での、「龍」の意味を見て見ましょう。

『説文』(『説文解字』ともいう、中国後漢時代の永元12年(100)頃、許慎が編纂した辞典)には、

「龍鱗蟲之長幽能明能細能巨能短能長春分而登天秋分而潜淵」

とありますように、

ヲシテ時代においての、「たつ」にあった働きの「防火・鎮火」

のことは、片鱗もないのが、

China(中国)の方での、「龍」の意味です。

(引用文の『説文』が読みにくいと、言われそうですので、大意を、付けます。 

 「龍は鱗蟲(うろこむし)の代表です。幽(かすか)にも出来、明(あきらか)にも出来、細(ほそく)にも出来、巨(おおきく)にも出来、短(みじかく)にも出来、長(ながく)にも出来る。 また、春分には、天に登り、秋分には淵(ふち)に潜る。」

 と言うような内容です。  <龍>は、大した内容では、ありませんね)

       ・

つまり、

ヲシテ時代の「たつ」の言葉に、

China(中国)の漢字の、「龍」を単純に当てるのは,

どう考えても、誤訳であると言うことになります。

誤訳はいけません、わが国の古代の尊さを、貶(おとし)める行為であるからです。

わたくしが、誤訳が許せないと、

このように叫ぶのは、間違いなのでしょうか?

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その4 | トップページ | 食べものの安全のこと、求める側のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その5:

« 「たつ」とは何か? 漢字以前の自然神とは? その4 | トップページ | 食べものの安全のこと、求める側のこと »