2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 縄文日本の、文明の高度さ | トップページ | 基準・その根底には、敬意が払われて良いのでは? »

2006年7月 7日 (金)

ヲシテ(縄文文字)の成立時代

わたくしたちには、縄文土器という、世界的に優れた宝物があったのに、

知らないまま、明治時代を迎えました。

さらに、すぐれた宝物が、ヲシテ(縄文文字)でした。これも、矢張り忘れ去られたままでした。ようやく、40年ほど前から、解明がなされてきたばかり、のところです。

Hanngesyou_3

縄文文字ヲシテの成立時代は、少なくとも、縄文時代の前期である。

この論拠につきましては、 『ホツマツタヱを読み解く』(展望社・池田満)

に、詳しく述べてあります。

異論のおありのお方は、論拠を、堂々とお述べになられて下さればありがたいと思います。「あなたの説の、ここが間違っている」、と。  そうしますれば、少しでも、真理に近づくことです。 これは、良いことです。

   ~  ~  ~

さらに、今ほど、

縄文文字ヲシテに濃厚に込められている、縄文哲学を、

詳述するべく、 「縄文文字ヲシテ 手習い帳」の、最新ページを、

UPをして下さいました。

深く、高貴な、わたくしたちの祖国の素晴らしさを、

縄文時代の精神にまで、省(かえり)みてください。

縄文哲学の、先進性に理解が深まりますと、

‘やまとことば’に、愛着が感じられて来ると思います。

これは、本当の意味での祖国愛の基礎になるのではないでしょうか?

‘やまとことば’にこそ、深い哲学と・愛情(いつくしみ)が、

縄文時代から、伝わってきたのだ、と。

本当の意味での、‘日本’の素晴らしさ、 ですね。

          ・

きっときっと、

わたくしたちの顔が、

表情が、

日に日に、輝いて、

暫くすると、一時代違った良い顔になって来ることと思います。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 縄文日本の、文明の高度さ | トップページ | 基準・その根底には、敬意が払われて良いのでは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヲシテ(縄文文字)の成立時代:

« 縄文日本の、文明の高度さ | トップページ | 基準・その根底には、敬意が払われて良いのでは? »