2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ‘かのめ・たのめ’の、書 | トップページ | 『古事記』の世界と、「ヲシテ文献」の世界との違い »

2006年7月29日 (土)

‘と’に、ウルを得る、の書

ここのところ、ヲシテ(縄文文字)の書に、傾注しています。

はたから見ると、おかしな事ですね、

一文にもならない事ばかり…、 ですから。

でも、 縄文時代の雰囲気・時代性を肉感的に掴むという事が、

そもそもの、なり染めなのです。

   ~  ~  ~

ちょっと、一線を超えることのできるランクに、

近づき出した‘書’もあります。

Tonniuruwoeru

「‘ト’にウルを得る」

 ― ‘トのヲシテ’(恵民立国)による統治に、国民が幸せを得る ―

の、意味合いです。

統治することを、ヲシテ時代では、「タス」と言う言葉で表す事もありました。

「タ」は、「ト」と、同じ子音記号です。

さらに、詳しくは、

「タス」の「タ」とは、春の意味でもあり、左右の左の意味でもありますから、

温かく活かして行く理念でもあったのでした。 ‘かのめ・たのめ’の事にも記しました。 ヲシテ時代での、国を治めてゆくことは、漢字の「統治」の概念とは大きな隔たりだあることにお気づき頂けましたでしょうか?

漢字文化での概念とは違いのある、ヲシテ時代からの日本独自の「統治」の基本理念ですね。 そこで、「」を付けて表そうと思うのです。ヲシテ時代からの日本独自の高度な概念ですので。

    ・  ・

ヲシテの文字形の探求は、

まだまだ、これからです。

富岡鉄斎は、80歳までは「若書き(わかがき)」といわれる事もあるようです。

わたくしは、あとその年代まで30年。 まだまだです。

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« ‘かのめ・たのめ’の、書 | トップページ | 『古事記』の世界と、「ヲシテ文献」の世界との違い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘と’に、ウルを得る、の書:

« ‘かのめ・たのめ’の、書 | トップページ | 『古事記』の世界と、「ヲシテ文献」の世界との違い »