2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 定礎と言う言葉 | トップページ | 極めなきほどの、深さ、‘やまと’のミチ »

2006年7月13日 (木)

大笑い、「神代文字」 ・ ご注意下さいませ、「偽書運動」

びっくりしました。

いまだ、偽書の「神代文字」と、

根拠の確かな‘ヲシテ文献’との差の解からない人もいるようです。

Tokage

   <みょうが{ヲシテ時代の古語は、メガ}の葉>

みなさま、ご注意なさって下さいませ。

「神代文字」の類には沢山あります。

それらは、すべて偽書(ぎしょ)です。

何故ならば、成立時代を偽(いつわ)っているからです。

もちろん、内容についても、同様の事ごとです。

偽書の幾つかを、掲示しておきましょう。

   『カタカムナ』『上記(うえつふみ)』『東日流外三郡誌(つがるさんぐんし)』『竹内文書』ete.

くわしくは、こちら、

秘められた日本古代史ホツマツタへ』(毎日新聞社・松本善之助)<196~199P>

に、20年も前に述べられてあります。

また、わたくしも、下記の書籍に記述しておきました。

『ホツマツタヱを読み解く』(展望社・池田満)<17~18P>

        ~   ~   ~

‘ヲシテ文献’は、偽書のものとは異なって、

真正のものであること、この事は、 『定本ホツマツタヱ』あるいは、『ホツマツタヱを読み解く』などの、書籍にて公開してあります。

‘ヲシテ文献’には、記紀(『古事記』『日本書紀』)の原書である。

ここの所に、根拠があります。

        ・

なお、

雑誌のバックナンバーは、ちょっと大きな図書館に行けば、見ることが出来ます。

ちなみに、雑誌の事は、「逐次刊行物(ちくじ かんこうぶつ)」という言い方が、

多く行われています。

『所謂神代文字の論(いわゆる  しんだい もじ の ろん)』山田孝雄先生の、文章を見ましたら、『上記(うえつふみ)』の、

欺瞞性が良く判ります。(「芸林」S28年2,4,6月号)

『竹内文書』は、天津教ともいい、「天津教古文書」狩野享吉先生の論が、雑誌「思想」(169号)に記されています。 おそらく、この二つの文章を読んでいただけますと、「神代文字」といわれている、ものの、幼稚さに気づいていただけることと思います。

さらに、東日流外三郡誌(つがるさんぐんし)』につきましては、

原田実(はらだ みのる)さんの、追及が解かりやすいと思います。

彼は、オウム真理教との関連を、東日流外三郡誌(つがるさんぐんし)』問題に重ね合わせて看る視線であるようです。 自己反省・自己嫌悪からなのでしょう、その追及には鋭利な刃物を思わせる心地よさがあります。

ただし、ヲシテ文献については、彼は、直訳モノ(誤訳モノ)しか見ていないので、

原田実さんのいう、ヲシテ文献の批判論は、

当て外れの論証に終始していることだけが、残念です。『東日流外三郡誌(つがるさんぐんし)』問題で犯した間違いは、ちゃんとした調べ・考究を踏んでいなかったからですね。基礎をしっかりやらないと、だめですね。

『秀真伝』と漢訳した時点で、ヲシテ文献は偽書のランクに貶められてしまいますから…。  誤訳を見て、判断するのは、短兵急に過ぎるというものです。本物に当たらなくては、所詮空論です。入力に間違いがあったら、出力は当然の事として見るべきものではない訳です。 

        ・

なお、

もうひとつ、付け加えておきましょう。 ついでですので。

日本超古代史が明かす神々の謎―「古史古伝」が告げる日本創成の真相 』
ISBN:4537025689
251p 19cm(B6)
日本文芸社 (1997-06-25出版)

鳥居 礼【著】

という、本があります。

偽書の「神代文字」の類と、それとは本質的に違う真書の、ヲシテ文献とを、

ごっちゃにして広めようとする意図にもとづいた企画です。

片や、「偽書の神代文字」。

片や、真書の、ヲシテ文献。

この二つを、混合して並列に紹介する企画は、

そもそもが、疑惑の塊です。  ご注意下さい。

偽書運動には!

鳥居 礼 君は、あちこちで、摩擦を作ってきている人物です。

たとえば、松本善之助先生の告別式にも、祭主側から呼ばれなかったほどのことです。

さらに、旧知の知人からのご葬儀のことの呼びかけにも、

「所用で行けないため、皆さんによろしくお伝え下さい。」

との伝言があったと、伝え聞きました。推して知るべしです。 彼、鳥居 礼 君は、“偽諸運動”のとても優秀な尖兵のひとりであるのですね。

顔を出すにも、憚れるので…、の事情のようでした。真相は、  ですね。

そういった、詳しい事情にも疎い人も居られるような事は、

わたくしには悲しいことで御座います。

なぜ? 真相の真実について、わからないのか?

不思議であります。

所要が有れば、しょうがないですが、

大恩を受けたという思いの感謝が有れば、

せめて、弔電なり、なんなりの弔意を呈するのが当たり前のことだと、

わたくしはそう思います。

そうは、思わない人もおいでかも?

松本善之助先生は、記紀の原書が、ヲシテ文献であると、

この、

重要な見定めをなさって下さいました。

だから、わたくしは、尊敬しています。 とっても深く尊敬しています。

面白おかしく、やっつけで、愛国心のかけらもなく、売国に走って、

金もうけしようとする人達からは、

真面目な松本善之助先生や、わたくし達などの真意は解からないでしょう。

で、

袂を分かつという事です。

 

― 追記 ―

わたくしは、

松本善之助先生のご墓前に、

10年来参じております。

松本善之助先生のご功績に、大きく評価をして、

感謝をしていますためです。

 

― 追記 終わり ―

   ~   ~   ~

一方、

良い話題もあります。

 彼我、

雲泥の差、とは、 このことを言うのでしょうね。

真名さんの、新記事がUPなされています。

真実の書物のヲシテ文献は、日本の各地に残っている、

さまざまな事実と、吻合します。

これは、真実の書物である、もうひとつの証明でもあります。

またまた、新記事のUPです。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 定礎と言う言葉 | トップページ | 極めなきほどの、深さ、‘やまと’のミチ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/2624613

この記事へのトラックバック一覧です: 大笑い、「神代文字」 ・ ご注意下さいませ、「偽書運動」:

« 定礎と言う言葉 | トップページ | 極めなきほどの、深さ、‘やまと’のミチ »