2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 未来志向の、縄文日本の‘ト’の精神 | トップページ | 急がば、… ? »

2006年6月20日 (火)

日本の精神の、1500年来の、ねじれ。

‘ト’精神

これが、

この精神こそが、本来の日本民族に備わってきた、

尊くも、そして未来にも有益でもある、そのような‘たから’であった。

    ~   ~   ~

むつかしくも、

しかしながら、わたくしたち日本民族の本当の輝きは、

未来にこそ光る!

この、根本のところ、が、

たった、一文字の‘ト’の精神、にて、明らかになるわけです。

このように、

単純には理解の難しい事々だったわけです。 とくに、インテリといわれているような人々には、特に。   いかにも、優等生的な、見栄えだけこそが良さそうな現代の高学歴の人々には、どうしても理解不可になってしまいやすいのでしょう。

これまで、わたくしは、何人にも、その残念な例を見続けてきました。

 なにしろ、漢字に当てたら間違いになります!

なんて、 そんな言葉は、優等生然とした人たちには、おそらくはじめてのことでありましょうから。 優等生と目されてきていた人たちは、どの様に、漢字に置き換えるか? と、そんなことばかりに、労力を費やす。これが学問である。   なんて、  そんな風に、信じて来ていたのでしたから…。  何千年と…。

漢字訳は、それは、ゴミですよ!

なんて、 

こんな言葉は、

本当に、聞き始めの事でしょう。  彼らにとって。

漢字が、日本に渡来してから文化ができた。

この、間違った、唱え言葉が、2000年近くにも言い古され続けてきたからです、  ね。

これこそ、大間違い!

本当は、

日本列島で、縄文時代から、国家が形成されていたのです。

だから、むつかしい概念は、どうしても<やまと ことば>でこそ、表現せねば伝わらない。  漢字に当て嵌めたら、ランクが地に落ちてしまう。

‘ト’の精神は、

どうしても、<やまと ことば>で、表現せねばな、本当のところが伝えられない。

この一言が、

わたくしの、信念になるわけです。

          ・

この、  こんな、

一言だけに、

おそらく、

今後、何十年かの歳月が費やされることでしょう。

でも、この、

しかし、真実を、はっきりと理解なさったお人は、

その意味で、

大きな為し行き方を、そのお手にしたことになります。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 未来志向の、縄文日本の‘ト’の精神 | トップページ | 急がば、… ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の精神の、1500年来の、ねじれ。:

« 未来志向の、縄文日本の‘ト’の精神 | トップページ | 急がば、… ? »