2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『お湯殿の上の日記』のこと | トップページ | ヲシテに戻り極め行くこそ »

2006年6月24日 (土)

日高義樹さん『米中冷戦の始まりを知らない日本人』

新刊書で、お勧めしたいと思うものに、

遭遇しました。

大きな枠組みで、お考えの日高さんは、これまでも多くの興味深い考え方を示しておいでです。

Photo_120

新刊書の、『米中冷戦の始まりを知らない日本人』(徳間書店・日高義樹 著)は、是非、皆様にもご覧頂きたいと思いました。

「平和と、水はただ(無料)」 と思い込んできていた常識は、

もうそろそろ、時代遅れになりつつあるようです。

クニ(国家)というものについて、考え直す時期に来ている。 と、日高さんは、

冷静な現状分析から判断をしておられます。

  ~   ~   ~

そこで、加えまして、さらに、

そもそも日本の国の、よって立つべき理念の如何について、

この事こそに、神経を研ぎ澄ましてよい道を模索する必要があると、

このように、ヲシテ文献を知った私は考えるわけです。

つまり、

『古事記』の世界観のままに、再度国家の礎としたならば、

またぞろ、破滅への道に進まざるを得ない。

『古事記』の世界観は、まったくの中華思想(China)ですものね。

            ・

人が、国家がその大きな賭けに出ることになるのは、

通常の生活においても、それ程、珍しいことではないと思います。

その、

微妙な勝敗を分けるのは、

単に、力の強さばかりであるとも限らないと思います。

勝敗の分水嶺は、

結局のところ、ほんの些細な先々の小さな出来事にきっかけが生じるのではないか?

例えば、ダムが決壊するかどうかの瀬戸際は、

ほんの、木(こ)の葉の一片(ひとひら)が、落ちるかどうか?

             ・

そんな、

木の葉の一片(ひとひら)を、こちらの方に味方になってもらう、

それは、

土下座外交で得られることは、有り得ませんし、

また、尊大になっても得られないと思うのです。

そうではなくて、

本当の日本民族の光輝は、‘縄文日本’の文明にある。

このことを、

どうしても、申し上げたいと思うのです。

自立と、‘ヲシテ’が根本です。

これこそが、日本の目指す道である、と考えます。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 『お湯殿の上の日記』のこと | トップページ | ヲシテに戻り極め行くこそ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日高義樹さん『米中冷戦の始まりを知らない日本人』:

« 『お湯殿の上の日記』のこと | トップページ | ヲシテに戻り極め行くこそ »