2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 信州 ・ 阿智(あち)村の尊さ ,‘トのヲシテ’の記事 | トップページ | 淡(あわ)き、色こそ »

2006年6月15日 (木)

インフレ・デフレは人口の事柄でも

長かったデフレも、そろそろ収束しそうな成り行きだとか。

そうすると、今度はインフレになるのでしょうか?

   ~   ~

経済については、詳しい人が多いので、わたくしが口を開く意味もありません。

でも、人口の拡大・縮小に伴う諸問題には、ヲシテ文献に典拠を求めることが出来ます。

Photo_105    

平和で、豊かな年が続くと、人口爆発が起きてくるのは、

昔にもありました。 また今の発展途上国でも同じです。

しかし、現在の日本では、逆に人口の収縮期にあって、

問題にもなっています。   これは、バース・コントロールが、

すべての人に定着して、これまた、行き過ぎになってしまったからです、ね。

    ~   ~   ~

地球の恵みは大きなものなのですが、

それが有限であると、 実感するほどに人類は豊かになって…、

このような事態には、

根本的に、人の成り立ちから考えて見直してゆく必要があると思います。

‘規範’(ルール)は、時代と共に変わってゆくべき、宿命を背負っている。

このことは、ヲシテ文献を研究することによって、

始めて、明瞭にすることが出来ることです。

くわしくは、『ホツマツタヱを読み解く』を、ご覧下さい。

新しい‘規範’(ルール)について、

これに踏み出す必要があることは、世界的にもコンセンサスが、得られてくる状況にあると言えるのではないでしょうか?

それに、根拠として、確固たる礎(いしずえ)を築きえるもの、

それは、ヲシテ文献だけである。  と、 わたくしは、考えております。

           ・

『フトマニ』があればこそ、解かるのです。

『ミカサフミ』があればこそ、解かるのです。

『ホツマツタヱ』だけでは、解からないのです。

それで、総称名の、

「ヲシテ文献」の言葉なのです。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 信州 ・ 阿智(あち)村の尊さ ,‘トのヲシテ’の記事 | トップページ | 淡(あわ)き、色こそ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフレ・デフレは人口の事柄でも:

« 信州 ・ 阿智(あち)村の尊さ ,‘トのヲシテ’の記事 | トップページ | 淡(あわ)き、色こそ »