2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『国家の品格』を、遅ればせに読みました | トップページ | 天皇陛下の、お仕事の大変さ、その2 »

2006年5月31日 (水)

天皇陛下の、お仕事の大変さ

「いせの会」には、尊皇(そんのう)のおこころざしの篤(あつ)いお人も、

おいでになられます。

毎年、ご奉仕に上がるために、「毎月の貯金が大変だ」

と、笑顔です。

Sanae

マスコミの報道では、

華やかなことばかりで、大変さについて、ちょっとも報道されていない!

‘尊皇家’は、随分と、言っておられました。

   ・ ・ ・

昨年の、秋のご奉仕では、

かがり火の準備の係りになったそうで、

トラック何台もの薪運びは、くたびれた、との事でした。

配膳の係りになった人は、朝から晩までまな板の前で、

これも大変なそうであるとの事。

天皇陛下のお仕事は、国事に関わる事も勿論なのですが、

伝統的に、国民の幸せを願ってくださって、

夜を徹してのお祈りをなさって下さるわけでして、

わたくしも、拝察させて頂くにつれて、

ありがたさを実感いたすことになってまいりました。

おそらく、陛下のポケットマネーによって、お祭りの

かなりの部分が運営されているのではないか?

というのが、‘尊皇家’の観測です。

       ~   ~   ~

今日の、夕方には、‘尊皇家’の笑顔を拝見できましょう。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

« 『国家の品格』を、遅ればせに読みました | トップページ | 天皇陛下の、お仕事の大変さ、その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『国家の品格』を、遅ればせに読みました | トップページ | 天皇陛下の、お仕事の大変さ、その2 »