2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 出生の不思議さ | トップページ | 『国家の品格』を、遅ればせに読みました »

2006年5月30日 (火)

ヲシテ文字の、お手紙

ヲシテ文字ばかりでの、お手紙を頂きました!

初めてのことでした。  

Akaha21_3

それが 、  なんと!  

なんと、読みづらいのでしょう、か!

現代文を、ヲシテ文字だけで表記するのは、どうにも、

ふさわしくないように思いました。 たった便箋二枚が、10分ぐらい掛かってしまいましたのです。

常日頃、ヲシテ文字を書いて下さい。 と、申し上げている割には、

無残なことでした。 この、体(てい)たらくから、考えをまとめてみますと、

‘やまとことば’は、ヲシテ文字で、

そして、‘漢字由来語’は、漢字で、

それぞれ表記する方が良さそうに思います。

    ?  ?  ?

いつもは、遠くでささやくぐらいなのに、

今、まさに、

ほととぎす、が、矢鱈めったらと鳴き叫んでいます。

どうにも、 笑われているような、

そんなことなのでしょう、 ね。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 出生の不思議さ | トップページ | 『国家の品格』を、遅ればせに読みました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヲシテ文字の、お手紙:

« 出生の不思議さ | トップページ | 『国家の品格』を、遅ればせに読みました »