2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ト」に 「うる」を 得る | トップページ | 出生の不思議さ »

2006年5月27日 (土)

カンヤマトイワハレヒコ(神武天皇)のスヘラギの、東征

神武天皇の東征の意味は、

「‘二朝廷並立’時代に終止符を打つこと」

と、ひとくちで、説明になりましょうか?

   ~   ~   ~

まず、

‘二朝廷並立’って?  何のことなの?

Photo_80

本当に、

解かりにくいことだと思います。

それは、『古事記』『日本書紀』の漢字文献に漢訳されるときに、

思い切った、翻訳削除が為されてしまっていたから、なのです。

いわゆる、“神武東征”に関わる個所の、

『ホツマツタヱ』27アヤと、28アヤは、90%程もがちょん切られてしまっています!  ほとんどの、原文が全滅状態なのです!

こんな事ですので、漢字文献の、『古事記』『日本書紀』だけを見ていたのでは、

素っ頓狂な事実認識だけが得られるだけだったのです。

恐ろしいことに、と、思います。  もうかれこれ、2000年近くにも

誤りが、蓄積され続けてきているのです。

      ~   ~   ~   ~

わたくしに、筆力があれば、

また、時間があれば…、  と、思います。

もう少しは、お解かりいただけやすいような、

そんな本を作らなくては、とも思います。

今のところは、『ホツマ辞典』で、幾つかの項目について、

追って云って頂けますれば、

おおよそのところは、お解かり頂けるものと、

そんな風に思っております。

   ・   ・   ・

どうぞ、

おおよそ2000年ぶりに、現れた縄文日本の真相ですので、

そうそうは、た易く右から左に、即解できようなんて、

それこそ、危うい、と思います。

うまい話には、何かしら、落とし穴?  です。

オカルトに、ご注意を下さいませ。

着実に、一歩一歩、を。  お願い申し上げます。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 「ト」に 「うる」を 得る | トップページ | 出生の不思議さ »

コメント

イハワレヒコさま東征を、私もざっとですが、まとめてみました。
こちらの方々にも読んで頂ければ、嬉しいです。
http://julian.way-nifty.com/woshite/2006/04/post_9a50.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/1960514

この記事へのトラックバック一覧です: カンヤマトイワハレヒコ(神武天皇)のスヘラギの、東征:

« 「ト」に 「うる」を 得る | トップページ | 出生の不思議さ »