2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジャパン・クールの真髄 | トップページ | 食べもののこと、 元気・健康・長生き »

2006年5月13日 (土)

‘ほととぎす’が、鳴きました!

今年、随分と、待ちわびていました。

でも、

やっと、今日、 ‘ほととぎす’ の初鳴きを、

耳にすることが出来ました。

女房は、一昨日から聴いたと、言っていました、…が。

Photo_56

ほととぎす…、

この鳴き声の、

えもいわれぬ、響きは、

どう表現出来ましょうか?

わたくしには、「とっきょきょく<特許っ局>」とは聞こえなくなりました。

わたくしには、「ほっとっとっぎーす」と、聞こえます。

古来、

何千年の、

ヤマト民族の、試行錯誤の積み重ねであると、

このように、申せましょうか。

『万葉集』での、‘ほととぎす’の歌の頻出も、

これなら・この声なら、と、良く判ります。

何はともあれ、皆様、とにかくも、その鳴き声を!

本物の、本当の、

その、響きを!

お耳に、して下さりませ。

    ~  ~  ~

ヲシテ文献でも同じです。その、響きを!

本当の、本物の、原文に・もとの文字のままで、

どうぞ、

お眼に、入れて下さりませ。

きっと、「偽書説」なんて消し飛んでしまいます。

直訳(誤訳)本が、悪さをしているのです。

‘ほととぎす’は、大伴書持(おおともの かきもち<大伴家持の弟>)の

和歌のように、こちらにおいで頂いても、何時(いつ)聞けるかどうか解かりませんけれど、

ヲシテ文献の本物は、『記紀原書ヲシテ』で廉価にお手にしてもらえるように、

してあります。

またまた、

「ヲシテ練習帳」子音の部の新記事を、アップロードしました!

  Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« ジャパン・クールの真髄 | トップページ | 食べもののこと、 元気・健康・長生き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘ほととぎす’が、鳴きました!:

« ジャパン・クールの真髄 | トップページ | 食べもののこと、 元気・健康・長生き »