2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やまとうた (和歌) と、 短歌との違い | トップページ | 素晴らしい、紀行文!  「アカヒコ」さんの事。 &、「縄文哲学」の詳述! »

2006年5月 5日 (金)

ヲシテ文献(ホツマ)の基礎研究は、一応、終わりました。

ヲシテ文献の研究は、

基礎研究が、一応、終わったばかりの、ところです。

00000002

そして、

これからは、積み上げの研究で、

これこそが、面白いのです。

多くの、真摯なお人の出現をこころから願っております。

   ~   ~   ~

基礎研究とは、

1、写本の捜索。

2、写本の修復。

3、写本の良し悪しについての判断。

4、写本の文字違いの、詳細な照合作業。

5、ヲシテ文献の、歴史的な位置・意味合いの認証作業。

            (本物であるか?)

6、ヲシテ文献で使用されている語彙の意味の調査。

7、追加、文法解明(平成21年概論完成)、 『よみがえる日本語』

といったところです。

   ・  ・  ・

拙著について、

その道筋を、辿って頂けるかと思います。

『定本ホツマツタヱ』で、記紀との、原文での対比をしました。

このことによりまして、記紀の原書が『ホツマツタヱ』であることが解かります。

また、諸写本の詳細な筆記文字の違いも、掲載してあります。

どなた様に見ていただけましても、ご納得のいけるものに致しております。

       ・

『ホツマ辞典』では、ヲシテ文献に出現する古語の語彙の意味に

つきまして、解説を掲載しました。また、その、語彙の出例しております、

個所の表示もしておりますので、わたくし一人の意味解釈に

引きずっていこうという悪弊を及ぼさない配慮を致しました。

また、系図・年表・歴史地図など、おおよそ必要とするであろう、

ものは、すべて掲載を致しました。

      ・

『ホツマツタヱを読み解く』では、

ヲシテ文献が本物であることの、論証を致しました。

また、『魏志倭人伝』について、どの様に捉えるべきであるか?

についての解答も記載しました。一口に言えば、

近来の、‘教科書問題’でも明らかになりましたように、

かのクニは、歴史の事実についてどうも恣意を極端に及ぼすことを、

常套の事とする、そのような慣わしがあるということを、

常に、私たち日本人は思い続けていなくてはならない。

と言うことであると思います。

でも、ひとりひとりは、ほんとに良い人が多いのです が。

  ~  ~  ~  ~  ~

結局のところ、

ヲシテ文献の研究は、終わったところ、とも言えます。

また、

ヲシテ文献の研究は、始まったところ、とも言えます。

         ・

   & & & & &

積み上げの、その研究とは、

おおよそ、広いジャンルに及んでいくべきものと思っております。

運動、社会運動とも言っても良いのでしょうか?

音楽にも、顕れるべし。 です。

絵画にも、顕れるべし。 です。

文学にも、顕れるべし。 です。

小説にも、顕れるべし。 です。

また、

教育にも、もちろん、顕れるべし。 です。

でも、

オカルトには、だめですよ!  縄文日本の光輝がすたれます。

縄文時代の古語の‘トコヨ’を、

「常世」と、直訳してるような人には、注意してください。オカルトの一種です。

Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« やまとうた (和歌) と、 短歌との違い | トップページ | 素晴らしい、紀行文!  「アカヒコ」さんの事。 &、「縄文哲学」の詳述! »

コメント

能楽のことで、思い出しましたが、
水戸の、烈公・徳川斉昭さんは「要石」と言う新曲をお作りになっておられます。
     ・
記紀の原書の発見があった事からしますと、
また、新たに謡曲についても、新作を沢山作っていって良いわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/1683960

この記事へのトラックバック一覧です: ヲシテ文献(ホツマ)の基礎研究は、一応、終わりました。:

« やまとうた (和歌) と、 短歌との違い | トップページ | 素晴らしい、紀行文!  「アカヒコ」さんの事。 &、「縄文哲学」の詳述! »