2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キリ(桐)は、「白」。 | トップページ | ‘ほととぎす’が、鳴きました! »

2006年5月12日 (金)

ジャパン・クールの真髄

ここのところ、

日本人の世界各国での活躍を、ことのほか良く耳にします。

Photo_54

その、方面の多岐に渡ることが本当に多くて、

同じ民族としまして、本当に嬉しいことです。

特に、フィギュア スケートの荒川静香チャンピオンのことは、

心に強く響きます。

考えてみれば、採点の評価にはつながらない‘イナバウアー’を、

気持ちよく披露しておいでの事。

そのリスクを考えてみれば、

それは、単なる点稼ぎではないこと。

このことが解かってまいります。それで、感動がわたくしたちにも

伝わってくるのでしょう。

本当の、、‘ジャパン・クール’とは、

荒川静香さんのように、真実・観客と演技者自身とのそのやり取りに、

その、本来的にあるべき姿。

そのようなところを、追い求めてきた、

そんな、年月の事々ではなかったのかな?

これは、。わたくしの、歩んで来ました足跡とも

はてなくも、少しは重なるわけです。

   ~ ~ ~

また、‘ジャパン・クール’の言葉も、随分と耳にします。

    「どうして?  なんで、かっこいいの?   日本人は!」

と聞かれたときに。

「さあ ねー?」

と、答えるのが、最も‘クール’なのです!

   これは、この答えは

     ‘クール’ ですよね。

   #  #  #  #

ここで、皆様、

‘ジャパン・クール’の

本当の、根源について、

縄文時代から醸成し続けてきていた、とは、思われませんか?

だって、

漢字文化を、取り入れた、近隣の諸国の状況と、

片や、日本の状況とは、やっぱり違う。

とは、お思いになられませんでしょうか?

          ・

ヲシテ文献の発見によりまして、

この、秘密が解かって参りましたのです。

つまり、

日本民族の魂と言うものにつきまして、

これこそが、“トのヲシテ”の縄文日本の建国においての基本理念であった。

この大きな事実について、

皆様のご判断が正しくなって来ましたならば、

さらに、さらに、もっともっと‘クール’に光ると思います。

 日本人は。  日本民族は。

Photo_52

細かな問題につきましても・また大きな問題につきましても、

さらに、しっかりとした解決が図れて行くことであることになる。

そのように考えております。

   ~   ~   ~   ~   

わたくしの、希望は、

1億2千万人あまりの、すべての人が、

「これは、すばらしい!」

このように、

世界の各地の人に、、‘ジャパン・クール’だ!

と、思ってもらい、

また、感謝してもらうこと、

さらには、尊敬ですよね。

今後の未来何千年にもわたって、

日本人・日本民族が、

尊敬され・愛しまれ・感謝されてゆくような、そして、

‘一目置かれる’ような、

そんなイメージを思っております。

これは、このイメージは、そんなには自意識過剰ではないですよね?

  Logo_6

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« キリ(桐)は、「白」。 | トップページ | ‘ほととぎす’が、鳴きました! »

コメント

びーちぇさんとの連携、とってもいいですね。
開設以来、楽しみに拝見しております。

さて、今日は猿投神社の近くの会社を訪問しましたので、ナイショでちょっと詣でてまいりました。
あらかじめ、ネットで祭神は調べて行きましたが、オウスノミコトなのですね・・・。

その会社も、幹部は毎年詣でるのだそうですが、祭神までは感心がなかったようなので、日頃の勉強の成果をご披露し、感謝されました。

ヲシテ文献、やまとのこころを、いけると思った人に地道にお伝えしています。

なぜって、経済戦争に勝つためにも、敵を知り、己を、正しく知らねばいけないわけですから・・・。

今後とも、ヲシテ文献の正しい内容を、どうぞたくさんお教え下さい。

拝啓

コメント有り難うございます。
これまで、わたくしは、
残してゆく仕事ばかりを、考え続けてきておりました。


と、言いますのも、
直訳のランクがはびこるようでは、
わたくしの出幕は無いわけですから、
死しての後の事ばかりを、考え続けてきたわけです。
でも、
時代の流れは、ひょっとして、
早いのかもしれない。
このように、思うことが、
少しは出てきた様子です。

どうぞ、
良いお話しの、お聞かせ頂けます事を、
楽しみにしております。

6月の「いせの会」には、‘ヲウスミコ’(大碓皇子)の、ことが
出典します。 ご都合が、宜しければどうぞ。

                敬具

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパン・クールの真髄:

« キリ(桐)は、「白」。 | トップページ | ‘ほととぎす’が、鳴きました! »