2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中山忠光卿のこと | トップページ | 物忘れ ・ ‘角筆’文献 »

2006年4月 1日 (土)

やなぎ・さくら

Photo_5

やなぎ(柳)の新芽の、
若緑の小さな葉が、
うぐいすの、声の風にそよいでいました。

まだ・まだ、  さくらは、ほんの、ひとはな・ふたはな。
写真にもなりません。
さくらの代わりに、
『フトマニ』の28番目の‘項目’を、はなびら色にしました。

い そ の
いのそのは やなぎ さ
くら の こち よりも かす
み に もも の はなや お
そ ら ん

「いその」の項目は、
こころが、のんびりと…。
そんな、感じでしょうか?
<こち>とは、東の風で、氷を融かし行く力のあるものです。
<かすみ>は、現代では、黄砂が原因であると究明がなされています。
『フトマニ』は、即解しようとするとむつかしいですが、
そんなことは、頓着せずに、
親しみ、楽しんだほうが良いと思っています。

« 中山忠光卿のこと | トップページ | 物忘れ ・ ‘角筆’文献 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やなぎ・さくら:

« 中山忠光卿のこと | トップページ | 物忘れ ・ ‘角筆’文献 »