2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北畠神社に参拝してまいりました。 | トップページ | ルビ? どうして要るの? »

2006年4月15日 (土)

縄文哲学は、活きている

縄文哲学は、現代にも活きている。

こういっても、

なかなか、この論調については、説明をしようとしても、

旨くには、語りにくいのが現状です。

    ~  ~ ~  ~ ~

新渡戸稲造の、『武士道』が、この頃、よく喧伝され始めました。

そこで、

『武士道』から見てみましょう。

新渡戸稲造は、米国人の女性を妻に迎えます。

とても美しい人で、あったと、写真で、拝見したのですが、

この米国女性から、よく言われたそうです。

「善悪の判断を、日本人は何の基準によって判断するのか?」

と、

また、

「どうして、それが良くないことだと、日本人は考えるのか?」

と。

それに答えるにもってして、

新渡戸稲造は、『武士道』をあてたのでした。

   ・   ・   ・

たしかに、ある一面、正しい判断だろうと、思います。

でも、

一般の庶民の日本人でも、善悪の判断基準は

持っていたわけなのですよね。

そうすると、武士階級だけで、

武士道精神を、独占していたとも限らないのですね。

事実、明治維新で活躍した人たちには、

武士階級には属していない人も多かったのです。

‘草莽’

と言う言葉がありましたよね。

「やむ  に やまれぬ   やまと たましい」

これは、町人階級で医者だった、谷川士清の、和歌の一節です。

Photo_8 

  ~   ~   ~   ~

山本七平さんの、「日本教」

という捉え方もありました。

これもある意味、真実でしょう。

日本には、古来から目に見えにくい形で、

何らかの規範がある。

それを、「日本教」と命名したのです。

「武士道」だけで捉えるよりは、より、真実に近いでしょう。

    ~   ~   ~   ~

ここで、

ほんの、近々のことに、

ヲシテ文献

発見がありました。

記紀(『古事記』『日本書紀』)の

原書として、ヲシテ文献の位置を

認識しますと、これまでの日本歴史においての

把握のなされ方が、根本的なところから、

違ってきます。

つまり、

これまでは、

解かりにくかった事々について、目の前の鱗が、

とれたように、即解できるのです。

その、ひとつが、縄文文明・縄文哲学のことでした。

実のところ。

漢字の渡来するずっと以前から、

日本には、 ‘縄文哲学’が確立されていた。

そして、これこそが、現代日本人に、も、

根底としてある、規範だった。

だから、こそなのでしょう。

どんなに、大きな文明・文化でも、

‘日本ナイズ’にしてしまう、

こんなことが、起き続けて来ていたのです。

なにしろ、

縄文文明は、

控えめに少なく見積もっても、6000年もあるのですから!

   ~   ~   ~

新渡戸稲造の奥様、メアリーさんだったでしょうか?

縄文哲学について、説明してあげたいです。

きっと、納得してもらえることでしょう。

« 北畠神社に参拝してまいりました。 | トップページ | ルビ? どうして要るの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縄文哲学は、活きている:

« 北畠神社に参拝してまいりました。 | トップページ | ルビ? どうして要るの? »