2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 物忘れ ・ ‘角筆’文献 | トップページ | 浮世はなれ・大笑い »

2006年4月 3日 (月)

真実の、日本の独立

日本は、日本国は
本当に独立国なのだろうか?

そんな、疑問が投げかけられる、ことも
今、現在の時代にしてまでも、よくあります。
敗戦後の、戦後処理が、
完全に終了したとも言いがたいことであるからでしょう。

わたくしの、専門といたしまして、

外面的なこと、は、さておいても、
内面的なこと、
心の側面に限定しただけでも、
とても、
寂しくなります。
祖国の日本を、大切に思わない人がある。

こんな、
衝撃的な事実も現実であると申せましょう。
でも、本当に主体であるはずの大多数の、日本民族一般が
その心のよりどころを、
見出せないでいるのです。

このことを、
わたくしは、長い年月、憂い続けてきました。

   ・   ・ ・   ・ ・   ・   ・

記紀(『古事記』『日本書紀』)の、
原書が、
すでに、発見されているのに!     です!

この事実が、
どれほど大きな、衝撃であるのか、
本当に、理解した人は、
いまだ、
日本全国で、10人の指を数えるにも、満たないほどではなかろうか?
と、
わたくしは、覚っています。

 九州のお人

 岡山のお人

 四国のお人

 和歌山のお人

 伊勢のお人

(あれ!?    今までに、本を出している人は、

松本先生、と、

私、以外には 、  ありませんね。 )

もれて、忘れていたら、ごめんなさい。

このごろ、物忘れが、始まって…。

   ・   ・ ・   ・ ・   ・   ・

本当の、
真実の意味での
祖国・日本の独立は、
縄文時代の、高度な文明に、誇りを持つことに始まる。
わたくしの、この信念は
もはや、30年あまりにして、
固まりました。
もはや、いささかも、変化のしようもありません。

それで、
現代には、
ほとんど見向きも、されることもない、
縄文文字ヲシテの、復元と復旧に
心血を注ぎ続けてきていたのでした。
縄文日本の光輝を、どうしても、取り戻さなくてはいけない!

Wositenitikahi

どうぞ、
みなさま、
縄文文字ヲシテを、
お使い下さい。
日本の、真実の誇りを取り戻しましょう!

« 物忘れ ・ ‘角筆’文献 | トップページ | 浮世はなれ・大笑い »

コメント

TB有り難うございます。
ヲシテは文字の始まりのような感じですね。
ヲシテから漢字になるまで別の文字は無かったのでしょうか。
なぜ、ヲシテの文献がもっと残っていなかったのでしょうか。
考えると益々広がっていきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真実の、日本の独立:

« 物忘れ ・ ‘角筆’文献 | トップページ | 浮世はなれ・大笑い »