2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仮名遣いについて、‘縄文仮名遣い’への遡及 | トップページ | 鶴は、千年 »

2006年4月18日 (火)

まじめさ の、判定基準

なにが、「まこと」か、

この認定の如何(いかん)によりまして、

なにが、「まじめ」か、

を、どう判定するかが、変わってきます。

H18413_2 

   ~   ~   ~   ~  

さて、わたくしが申し上げたいのは、

他でもありません。

記紀 (『古事記』『日本書紀』)の原書の発見があった。

と言う事実です。

これが、わたくしの、申し上げたい、

まこと」なのです。

  !  !  !

2000年近く、まったくの突如として、

降って湧(わ)いたようなことです、が。

事実は、事実であり、これは、真実なのです。

祖国の日本を、大切であると、

このように思う人であれば、

真実、つまり「まこと」を受け入れることが、

先ずもって、「まじめ」であると判定できることになります。

それも、

謙虚にです。

記紀 (『古事記』『日本書紀』)の原書なのですから、

それなりの、心構えが必要です。

    $ $  $  $ $

「漢字かな混じりに、直訳(誤訳)して、金儲けしよう」

なんて、ゲスだけは、やめて下さい。

お願いします。

オカルトになります!

これまでは、

ひどい人たちが、多くありました。

    ~   ~   ~

つぎに、

では、「まこと」に出合って、どう向き合うか?

の段階になります。

「一般の生活者」

この言葉が、今現在に、耳に柔らかな雰囲気を、

醸します。

でも、考えてみましたら、

やっぱり国家の中での、個人・そして共同体の一員、

その枠組みは、どの様にしたって変わることなどないのですよね。

例えば、一時は、「ディズニー」ランドの夜更かしに、

楽しんだとしても、

中東などの苦痛が100%なくなるわけでもありません。

そして、拉致の問題にしてもそうです!

では、

どの様にしたら、

世界に、本当の平和を齎して行く事が出来るのか?

わたくしたち、一般の人間が、そのしあわせな、日々を送ってゆけるのか?

この、

極めて、重要なキーポイントを指し示すことが出来る。

これが、「ヲシテ文献」なのです。

わたくしたち、日本民族の、本当の真価は、

縄文時代にも溯る国家建国の再確認にこそあります。

この、縄文日本建国の、真実の日本の国家形体の

論理だけが、単に日本だけではなくて、

究極の世界の平和に、大きな貢献を齎し得ると考えます。

      ~  ~  ~

それには、

どのようにして、ヲシテ文献と接してゆくべきか?

Soranarumonoha_1

の、心構えになって、ヲシテ文献をみる・読む・理解する、

これが必要だと思うのです。

‘ミノミハシラ ヲ ユキヌケテ’

とは、

つまり、虚心に、

自らの人格さえも無色透明にするほどの、無心の境地。

と言えるのではないかと、

わたくしは、理解しています。

ここに、判定の基準があるように、

ずっと、思ってきておりました。

Photo_49

縄文日本の輝きを取り戻そう!

ご声援くださるお方は、クリックを!

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

http://blog.with2.net/link.php?290290

« 仮名遣いについて、‘縄文仮名遣い’への遡及 | トップページ | 鶴は、千年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まじめさ の、判定基準:

« 仮名遣いについて、‘縄文仮名遣い’への遡及 | トップページ | 鶴は、千年 »