2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本居宣長の功績 ・ 富永仲基の顕彰 | トップページ | ホツマの言葉 、 ヲシテの言葉 »

2006年4月 8日 (土)

池 大雅 (いけの たいが)の、絵

池 大雅(いけのたいが)の、絵はとても人気があります。

   ♪   ♪   ♪

もう、時効になっていましょうか、

松本善之助先生から、

池 大雅(いけのたいが)の絵に、まつわる話を聞いたことがありました。

わたくしにも、思い当たることがあったので、

この話には、思い出深いものがあったのでした。

   ~  ~ ~  ~

じつは、わたくしは、

骨董の趣味が、昔からありました。

そんなことで、池 大雅(いけのたいが)の絵を手に入れた、

そんな、ことがあったのです。

いわゆる、「掘り出し物」。

で、通常の通り相場での、そんな、高額だと、

わたくしには、手に入るわけも無いのですが…。

いわゆる、「掘り出し物」だったため、

なんとか、手に入ったのでした。

さて、 これを、売って、出版資金に…。

と、皮算用が頭の中にめぐっていたころのことでした。

偶然にも、

どういう拍子か、松本善之助先生との、

やり取りの中で、

「昔、池大雅の絵を貰ってねー」

それを、賛助資金にという、篤志家の人が有った、

とのことでした。

ところが、ところが、

なんと、せっかくの池大雅の絵は、

「贋作」。

「悪くて、言えなくてねー」

と、おっしゃっておられました。

池大雅の絵には、本当に贋作が多いのです。

   ~    ~    ~

「へー」

てなもので、聞いていましたが、

早速、家に帰ったら、

「掘り出し物」の池大雅の絵を、調べに調べました。

落款やら、なにやら、本当に良くできているのです。

書籍で調べた、落款と、相違が無い。

ところが、

なのです。

絵の、それ自体に、

なんだかちょっと、力が無いのですよねー。

もともと、「掘り出し物」購入時にも

幾分は気に掛かっていたのですが…。

    ・   ・   ・

この、池大雅の絵は、

今も、押入れの中に、突っ込んだままになっています。

こんな事からなのでしょうか?

わたくしは、

何でも、現物の、本物に当たってみないと、

気が済まないのです。

出来うる限り、オリジナルに近づく。

ヲシテ文献にしてもそうです。

完成した時代、成立した姿に出来るだけ近づく!

さらに、  さらに、

究極のオリジナルとは、

作者の心ではないでしょうか?

« 本居宣長の功績 ・ 富永仲基の顕彰 | トップページ | ホツマの言葉 、 ヲシテの言葉 »

コメント

毎朝、楽しみに読んでいます。

亡き父の事を、今日のエントリから思い出しました・・・

父は絵が好きで、自分でも仕事の合間によく書いておりました。
何か良い展覧会がありますと連れていってもらったのです。

小さい時から本物を・・・というのが信念で、初孫もなんと幼児のうちから美術展や音楽会など連れ出し、成長を楽しんでいたようです。

>究極のオリジナルとは、作者の心。

本当にそうですね☆
ヲシテ原文にあたればたるほど、つきることなく深い想いが湧いて参ります。
その想いに活かされつつ、毎日を幸せに過ごしております。

本物の、大切さを知る人。
これこそが、

そう、
この人こそが、
うれしく、たのもしく!  です。
ほんと、真実、もっともっと多くのお人の、
出現を願ってやみません。
それが、縄文日本の輝きを取り戻す、
王道ではないか?

30年あまり、小石を積み重ねてきたのは、
このためでした。

私にできるのは、
小さな小石ばかりです。
みなさま、
ご一緒に、大きな礎石で
積んでゆきましょう!

そうしてこそ、
はじめて、
皇室典範改正問題など、
大切な日本の、
要を、
守ることに繋がる。
このように、考えております。

    ・ ・  ・ ・

新しい、記事http://julian.way-nifty.com/woshite/を拝見いたしました、
とっても良いと思います。
多くの人に、読んで頂きたいと願っております。

真贋を見つける目を養うのは難しいものですね。
私も子供の頃父親によく展覧会があると一緒に行ってました。
しかし途中で飽きてくるのですね。
今は気に入ったのがあると見に出かけます。
奈良や京都が近いので仏像や庭園を見に寺院にもよく行ってます。
真贋もそうですが、自分にとって心が落ち着くか惹かれる物があるかどうかが大切なようにも感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池 大雅 (いけの たいが)の、絵:

« 本居宣長の功績 ・ 富永仲基の顕彰 | トップページ | ホツマの言葉 、 ヲシテの言葉 »